【射水市】「5歳男児」の親は?事故原因は?免許取りたての女子高生の車に保育園児、はねられ死亡。

シェアする

とても悲しい事件が起きてしまいました。

免許を取ったばかりの女子高生の運転する車に帰宅途中の5歳児がはねられ死亡しました。

5歳児は一人で帰ったのでしょうか?

その時、親は何をしていたのでしょうか?

スポンサーリンク

富山県射水市小島の県道で23日午後6時5分ごろ、近くに住む久保大和君(5)が県西部の高校3年の女子生徒(18)の軽乗用車にはねられた。射水署によると、久保君は高岡市内の病院に搬送されたが、頭の骨を折るなどして死亡した。

 現場の道路は幅約5・5メートルでの見通しの良い直線道路。久保君は保育園からの帰り道、ひとりでいて事故に遭ったという。自宅から約100メートルの所だった。女子生徒は3月に免許を取ったばかりで、事故当時は友人を乗せて運転していた。同署は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いも視野に捜査を進める。【朝日新聞DIGITAL】

ひかれた子供も可哀想ですが、ひいたほうの女子高生もかわいそうですね。

免許を取ってこれからと言う時に子供をひいてしまい死亡させてしまったと言うことは一生のトラウマに残るでしょう。

しかし、どうして5歳の子供が一人歩いて帰宅していたのでしょうか?

被害者は?

名前 久保大和(くぼやまと)くん

年齢 5歳(久保友和さんの長男)保育園児

住所 富山県射水市

事故現場は? 

富山県射水市小島の県道

【出典;yahoo地図

この赤い印の付近で事故は起きました。

【出典;FNN

幅が5mくらいの片側1斜線の道路で見通しが良い。

自宅まで100mの距離だったそうです。

その時大和君の親はどうしてた?

大和君は現場から400mの保育園に通っていました。

23日も保育園が終わる頃に親が大和君を迎えに行っていました。

ところがこの日は、大和君が『一人で帰る』と言い出しました。

仕方なく親は大和君よりも先に帰り、自宅で大和君の帰宅をまっていました。

スポンサーリンク

事故の原因は?

現在警察が女子高生から話を聞いており解明中です。

もしかしたら免許取立てということもあり舞い上がっていて、わき見運転をしたり、隣に座っている友人とおしゃべりしながら、楽しく車を運転していたのではないでしょうか?

大和君の親が近くにいたのなら、もしかして防げた事故だったのかもしれませんね。

サイトのまとめ

なぜ5歳の子供が保育園から一人でかえるの?

保育園から一人で帰る子供初めて聞いた!普通は親と一緒に帰るのに。

5歳の子供が交通量の多い時間帯に一人で帰宅する構図が理解出来ない。
免許取りたての運転が不慣れな女子高生に非が有るにしても、親や保育園の保護責任は問われるべきでしょう。欧米諸国の先進国だったら、親も逮捕されていますよ。

【引用元:yahoo】

ネットでは一人で帰らせた親に批判が殺到しました。

これは仕方ない。

子供がどうしてもいうことを聞かない時ってありますね。

でも親として命を守るべき存在なので、一人で帰りたいといわれて「No』というべきでしょうか?

子殿の命を守るのは親のです。

お子さんの手を引いて帰ればこのような事故は起きなかったのに・・・と残念です。

スポンサーリンク