【驚愕】中国の5つ星ホテルさん。トイレのブラシでコップを洗う!?

シェアする

中国の5つ星のホテルがコップトイレブラシ洗っていた問題。

ハルビンのホテルに限らず、中国のの地方のホテルでも行われていたと言う。

病気にならなかったのが不幸中の幸い

スポンサーリンク

ハルビンのホテルで

【出典;livedoorニュース

ハルビンの5つ星のホテル、シェラトンホテル、ケンピンスキーホテル、シャングリラホテルでホテルの掃除を取材したところ、驚くべき実態が明らかになった。

シェラトンホテルでは洗面器を洗ったブラシで、その後トイレの便器を洗ったり、使用済みのタオルが汚れていないと言う理由から畳み直して再び提供していた。

ケンピンスキーホテルでは、便器を洗ったブラシで、うがい用のコップ、そして水を飲んだりするグラスを洗っていた。勿論消毒はしないという。

お湯を沸かすためのポットは水を捨て洗わずそのまま、洗うなんてめんどくさい?と言う感じ。使用済みのバスタオルを便器の水で濡らし床掃除を始める。床にあったマットは汚れていない限り洗わないと言う。

シャングリラホテルはコップを洗った雑巾でゴミ箱を拭いたり、便器でその雑巾を洗ったり、便器を洗ったブラシでカップを洗っている。

5つ星と言えども、衛生感覚は全くマイナスである。

ハルビン以外でも

【出典;amazon

ハルビン以外の同じチェーンの有名ホテルで働いていた従業員にきいたところ、トイレからバスタブ、床、壁もすべてが一枚雑巾で行われると言う。

ベッドのシーツもタオルも、使用済みの歯ブラシさえも箱に戻しセットしたり、もう一度畳んだり、埃や髪の毛を落とし、汚れていない限り何度も利用しているとのことである。

全く驚愕事実である。

スポンサーリンク

従業員の意見

ホテル側には市の当局から厳重注意をしたとのことだが、従業員は反省ではなく開き直りとも言える意見が出ている。

一人で20から30フロアを担当しなくてはならず、仕事が多すぎ丁寧に掃除なんてしていられないとのこと。

また別の従業員はノルマの仕事を早く終え、それ以上に掃除すると「一部屋に付きいくら」という感じでお金が稼げるので、ゆっくり丁寧に仕事をしていればお金がたくさんもらえないと言うこと。

これは従業員だけの問題ではなさそうである。

もうお星さまなんて信じられない

【出典;alibaba.com

取材を行った際に、清掃の従業員以外の人にコップは消毒しているかと聞いたところ、5つ星ホテルだから当たり前という態度で答えていた従業員がいたが、蓋を開けてみたら、星の数なんて全く信じられない状態だった。

考えようによっては星の数が減ったらどれだけ掃除がずさんになっていくのか想像もしたくない。

近年、日本にも海外出資のホテルが増加しているが、果たして大丈夫だろうか?

対岸火事では済まされないような気がするのだが。

スポンサーリンク