[バアバにされた」祖母・藤尾亜希子の顔画像、facebook特定か?5歳の孫の腕をストーブに押し付け再逮捕

シェアする

兵庫県伊丹市で、鬼婆の仕業とも思えるような虐待が起きた事件で祖母の藤尾亜希子容疑者(47)が傷害容疑で伊丹署に再逮捕されました。

かわいいの腕をストーブに押し当て、大怪我を負わせたていました。

当初母親が容疑を認めていたが、一転否認。娘の『バアバにされた』が決め手となった。

スポンサーリンク

事件の概要

母親と祖母が次女(5)に大けがを負わせたとされる事件で、兵庫県警伊丹署は1日、傷害の疑いで、祖母(47)=伊丹市=を再逮捕した。容疑を否認しているという。

 再逮捕容疑は1月9日から11日の間、自宅で次女の左腕を石油ストーブに押し付けた疑い。

 同署は1月12日、次女の腕を石油ストーブに押し付けたとして母親(26)を傷害容疑で逮捕、祖母については包丁で次女の左頬をたたき切り傷を負わせたとして傷害容疑で逮捕している。

 その後の調べで、母親は否認に転じ、次女はやけどについて「バアバ(祖母)にされた」と話したという。母親は1日、処分保留で釈放されたが、同署が引き続き事情を聴く。

【引用元;神戸新聞NEXT】

この事件をさっくりまとめてみますと

1月11日次女が自宅近くのコンビニ11円握り締め、「おなかがすいた」と入店。

店員が真冬なのに素足のまま靴を履いていたこと、そして足首が紫色に変色していたことから、110番しました。

そして虐待が発覚。

発覚当時には、信じられないことに次女を置いて家族外食に出かけていたといいます。

次女の脚やお腹には複数の傷があり、祖母はストーブには左腕を2回押し当て、そして包丁で頬を複数回叩いて切り傷を負わせていました。

動機としては当初しつけのためといっていたが、その後の調べによると、娘の別れた旦那に似ていて憎かったと供述しています。

なんとも身勝手な考え方に腹が立ちますね。

当初、次女の母親は祖母を守るために「自分が次女をストーブに押し当てた」と言っていましたが、次女が『バアバがやった』という証言で、容疑を一転、否認して釈放されています。

スポンサーリンク

藤尾亜希子の顔画像は?facebookは?

事件が起きてから既に20日たっていますが未だに顔画像が出ておりません。

またfacebookはそれらしい人物が特定できないのが現状です。

名前:藤尾 亜希子

年齢:47歳

職業:派遣社員

家族:7人家族 長女、三女もいたが虐待はありませんでした。

ネットの声

この子をこの家に返してはいけない。
この子の母親にも返してはいけない。
絶対に別に暮らした方が、この子の身体も
心も健全に育つ

【引用元;yahooニュース】

たった5歳の子どもさんが、身内にこんなむごい事をされたなんて、考えただけで胸が苦しい。私にとって祖父母とは無償の愛情を注いでくれるとても温かい存在だった。

【引用元;yahooニュース】

どんな理由があっても、普通の人は5歳の子の腕をストーブに押し付けたりしないと思う。

【引用元;yahooニュース】



憎らしくて、きつく当たってしまうとか、思わず強く叩いてしまった、とかは、皆それなりに経験があるとは思うけど、それとは次元の違う問題だと思う。薄気味の悪さを感じる。

【引用元;yahooニュース】

この祖母には母性とか愛情いうものが無かったのでしょうか?

いくら娘の旦那に似ていたといっても、自分の娘が産んだ子供なのに可愛がる事が出来なかったのだろうか?

次女は、祖母が服役されたとしても絶対に次女を母親には返して欲しくないと思います。

次女の虐待を見て育った姉妹ももしかして母親や祖母が行ってきた虐待を次女に対して行う恐れがあるからです。

次女には愛情のあるところでこの先 育ててもらいたいです。

そして一日でも早く虐待の傷が癒えるのを願っています。

スポンサーリンク