【名古屋市】爆薬や覚醒剤を製造した男子大学生の顔画像と出身大学は?動機は?爆薬製造と覚醒剤所持で逮捕

シェアする

名古屋市の男子大学生が殺傷能力の高い爆薬を製造し、自ら製造した覚醒剤をしょじしていたとして逮捕されました。

この大学生のプロフィールとは?そして出身大学はどこ?

スポンサーリンク

事件の概要

【出典;TBS

高い殺傷能力を持つ爆薬を製造したなどとして逮捕された名古屋市の大学生が、覚醒剤を所持した疑いで再逮捕されました。自ら覚醒剤を製造したとみられています。

 再逮捕されたのは、名古屋市緑区に住む19歳の男子大学生です。警察によりますと、先月20日、自宅で少量の覚醒剤を所持していた覚せい剤取締法違反の疑いが持たれています。大学生は殺傷能力の高い爆薬を製造したほか、3Dプリンターで作ったとみられる樹脂製の銃を所持していたとして、すでに逮捕されていました。

 警察は、家宅捜索で自宅から液体を押収。液体を鑑定した結果、覚醒剤成分が検出されたため、27日、大学生を再逮捕しました。大学生は「興味本位で市販薬から作った。使うつもりは無かった」と容疑を認めていて、警察は材料の入手先や製造方法などについて詳しく調べています。【引用元:TBS】

大学生のプロフィール

名前 不詳

年齢 19歳

職業 大学生

住所 名古屋市緑区

スポンサーリンク

大学生の顔画像は?

現在ニュースサイトを調査してみましたが載っていませんね。

そのうち情報サイトや5chなどで出てくるかもしれません。

男子大学生の出身大学は?

こちらも現在調査中ですが、緑区周辺と言うとたくさんの大学があります。

多分この大学生は理系かもしれませんね。

工業大学だとしたら名古屋工業大学などありますが、名古屋の大学とは特定されていません。

引き続き調査をしたいと思います。

犯行の動機

朝日新聞から引用しましたが今までにかけられている容疑です。

●男子学生の主な容疑

2016年12月 爆薬のTATPを自宅で製造

2017年2月 別の爆薬(四硝酸エリスリトール ETN)を自宅で製造

2018年3月19日 名古屋市名東区の公園でTATPを所持

4月5日 自宅でETNを所持

8月20日 爆発物取締罰則違反などの容疑で逮捕

9月7日 3Dプリンターで作ったとみられる銃を所持した銃刀法違反容疑で再逮捕

若干19歳と言う年齢でこのように沢山の容疑がかけられるなんて稀なことではないでしょうか?

本人は警察の取り調べに対し、「興味本位で作った」とのこと。

しかし、興味本位で作ったものに万が一殺されてしまう可能性もあるのに・・・

このような結果になって残念です。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

有能なのにもったいないわー【引用元:yahoo】

もっとほかの事にこの知識を使ったらいいのに

>大学生レベルの専門的な化学の知識があれば、覚醒剤を作ることができるのだといいます

じゃあ覚醒剤の仕入れと販売をやって高いリスクを冒している人って馬鹿だということなんだな。末端消費者が勉強して自家製造するようになったら仕事なくなるじゃん。【引用元:yahoo】

これを見て真似をする人が出てこなければいいのですが

今では興味本位で製造してまったと言えるが逆にそれらを悪用しようとする輩と繋がってしまってからでは遅いから早くに見つかり逮捕されたから良かったとも思うが逆にその知識を良い方向に持たせるように指導はできないものだろうか?
それが叶えば日本の科学技術ももっと進歩するんではないのかと思ってしまう。

そうですね。このような知識を良いほうに仕向けていくことは出来ないのでしょうか?

スポンサーリンク