米朝首脳会談中止!原因となった「怒りとあからさまな敵意」とは?北朝鮮の報復はあるのか?

シェアする

いままで米朝首脳会談は前向きに進んでいるように見えたが、ここ2,3日雲行きが怪しくなり、本日トランプ大統領より会談は延期となったことが明らかになりました。

スポンサーリンク

いったいどのような書簡をトランプ大統領は送ったのか?

【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスは24日午前(日本時間同日夜)、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を発表した。北朝鮮側が示した最近の「怒りとあからさまな敵意」を理由に、6月12日に予定されていた米朝首脳会談の実施は「この時期に開催するのは適切ではない」として、中止を通告した内容だ。

 書簡は24日付。ホワイトハウスの公式な書簡便箋にトランプ氏の自筆署名がされている。ポンペオ国務長官は同日の議会公聴会で、書簡を既に北朝鮮に送付したことを明らかにした。

 トランプ氏の書簡は冒頭、シンガポールで予定していた首脳会談の開催に向けた事前折衝における北朝鮮側の「忍耐や努力」に対し「おおいに感謝する」と表明。「私はあなたと会うことを楽しみにしていた」と述べている。そのうえで、ここ数日の北朝鮮側の敵対的な態度を受けて、「現時点の」会談は適切でないと説明。「あなたは『核能力』を誇示するが、我々も強大な核を保有している」とけん制した。

 一方、トランプ氏は「素晴らしい対話が醸成されつつあると感じていた」と表明したうえで、「いつかあなたと対面できることを期待している」と繰り返している。今月実施された米国人3人の解放について、北朝鮮側の「美しい意思表示だった」とも述べた。

 書簡は「もし首脳会談について考えが変われば、いつでも連絡をしてほしい」と金委員長に呼びかけたうえで、「この失われた機会は、歴史上の真に悲劇的な瞬間だ」と結んでいる。【引用元:毎日新聞】

トランプ大統領が会談を中止をしたわけとは?

・北朝鮮側が示した最近の「怒りとあからさまな敵意」

・金書記が、シンガポールには出向かない

・今回爆破した核施設は、実は使われていない廃炉

と言う理由ではないでしょうか?

スポンサーリンク

『怒りとあからさまな敵意』とは?

ただ、北朝鮮は16日に米韓両軍の共同訓練を理由に南北閣僚級会談を一方的に中止して以降、核実験場廃棄の取材に一度は招待した韓国記者団の訪朝を拒否するなど、韓国との対話を拒絶している。南北首脳会談前に設置された首脳間のホットライン(直通電話)での通話も実現していない。米国だけでなく、韓国も直近の北朝鮮の意向を把握できていないとの指摘も出ている。

【引用元:毎日新聞】

トランプ大統領としては、会談をして両国間の間を有効にしようとしているのだから、訓練くらいいいのではと思っているのではないでしょうか?

それに対し、金正恩としてはまだ会談を終えていないのに・・・と怒りが抑えられないかもしれません。

金正恩自身が、シンガポールには出向かない

その理由として金正恩は海外に出ると言うのは身の危険を感じるところではないでしょうか?

トランプとしてはシンガポールはお互いに関係の薄い国と会議慣れしている国だからと指定したのですが、金正恩としては中国、韓国、ロシアなら自分が強く振舞える国で、その国以外は出かけていません。

今回のシンガポールは身の危険を感じ、側近を出向させる予定です。

しかしトランプとしては、本人が来ることを強く望んでいるのです。

スポンサーリンク

今回爆破した核施設は、実は使われていない廃炉!?

韓国の通信社「ニュース1」は24日、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)にある地下核実験場の閉鎖作業が行われ、4カ所ある坑道のうち3カ所が爆破されたと速報した。【引用元:毎日新聞】

このニュースを聞いてもろ手を挙げて喜んだのは日本と韓国ぐらいでしょう。

しかしアメリカは冷静でした。

北朝鮮の核問題を巡る六か国協議の前のアメリカ主席代表で、北の非核化交渉に精通するクリストファー・ヒル氏いわく

私はプンゲリの解体は非核化とは関係がないと考えている。プンゲリはもはや使われていないというのが事実だと思う。プンゲリの閉鎖によって解決されるのは環境問題であって、それは非核化のプロセスとは関係ない。

【引用元:FNN PRIME】

つまり使われていない核の実験場を爆発しただけなのである。

これは非核化ではなく、完全に世界へ向けての北朝鮮が会談に向けてこんなに頑張っていますと言うアピールではないでしょうか?

つまり非核化を目的に会談を開こうとしているのに、北朝鮮はやっていることが不明瞭だということで今回の会談は中止となったことではないでしょうか?

今回の中止を受け、北朝鮮の報復はあるのか?

北朝鮮としてはアメリカからの支援を求めて会談を行なうつもりができなくなってしまったと言うことで面白いわけありません。

何らかの形で、報復してくるのではないでしょうか?

アメリカに直接ではなく、韓国や日本と言った近隣のアメリカと仲がいい国に対してでしょうね。

ふたたび弾道ミサイルを打ち上げたりするのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応は?

会談はやってもやらなくても何か起きそう。
絶対核は手放さないと思う。【引用元:yahoo】

そうですね、北朝鮮にとっては大きな外交の手段ですから

会談が行われたとしても非核化が成されるとは限らない
というか100%されないと思う【引用元:yahoo】

会談が行なわれた後でもこっそりと陰で作っていそうですね。

もう無いと思う。
戦争が始まるのですね。【引用元:yahoo】

せっかくの機会を逃してしまいました。

まとめ

殆どの方がうまくいかないと考えていたようですね。

会談が近くなっているのに、金正恩はあくまでも自分の国にとって自分にとって良い条件しか考えていない。

そして肝心要の核については現在も進行中です。

これではいつまでたっても非核化なんて無理ですね。

スポンサーリンク