坂元啓美の顔画像、facebookは?高齢者70人をを狙ったCO2排出権の取引詐欺で約3億の稼ぎ

シェアする

高齢者ばかりを狙った詐欺の犯罪です。

東京周辺の高齢者から現金を騙し取ったとして、坂元啓美容疑者をははじめ男女7人を逮捕した。

架空のCO2排出権取引への投資名目で、高齢者から現金をだまし取っていたとして、男女7人が逮捕されました。

将来不安を感じる高齢者を手玉にとった悪徳な詐欺に迫りたいと思います。

事件の概要



詐欺の疑いで逮捕されたのは、投資会社「日本橋クリエイト」の坂元啓美容疑者や坂本貢一容疑者ら男女7人。警察によると、坂元容疑者らは2015年から2016年にかけて、埼玉県に住む70代の男女に「CO2排出権の取引をすると、とても儲かる」などと言って、合わせて240万円をだまし取った疑いが持たれている。

坂元容疑者らは「必ず利益が得られる」などと言って高齢者から現金を預かっていたが、実際は投資や運用を一切せず、会社の給料などに充てていたとみられるという。

警察によると、東京都のほか、神奈川、千葉、静岡など5つの県で、高齢者70人あまりが被害に遭い、被害総額は2億8000万円に上るという。

【引用元;日テレニュース24】

今回70人あまりの高齢者が東京を中心とした広域で騙されてしまいました。

『将来が不安』という気持ちを巧みにつけ入り投資を誘ったのではないかと思います。

世の中『必ず儲かる』なんて存在するのでしょうか。

最近の傾向をみていると『必ず儲かる』=『必ず存する』に近いような気がします。

CO2の排出権とは?

そもそもCO2の排出権とは何でしょうか?

今回かかわった高齢者もよくわからずに『必ず儲かる』という言葉だけで投資したのではないかと思います。

CO2の排出権とは、途上国が火力発電所を作ろうとしたとき、発電には石炭が必要となり、石炭を燃やすと、たくさんのCO2が出てしまいます。

そこで途上国が発展するには電力は必要ですが、電力を作る方法を火力から水力または風力に変えた場合、当然CO2は削減されますよね。

その削減された「CO2」を排出する権利として販売するわけです。

そのCO2の権利は誰が、買うかといえばCO2を本来よりも多く出してしまった国や企業。

このまま出しっぱなしにしますと罰金や罰則を受けることになります。

その救済措置として、CO2の排出権を途上国から買い、それで埋め合わせることで罰則から逃れることができるということ。

何か納得できないような気がしますが、国連から推奨されています。

坂元啓美の顔画像とは?

【出典;FNN

坂元啓美(ひろみ)

55歳

日本クリエイト勤務

【出典;FNN

坂元貢一

61歳

日本クリエイト勤務

2人は夫婦でしょうか?

もうけたお金を会社の運用費用として利用してました。

facebookは特定できる人物がいませんでした。

せめて会社だけでもと思いましたが・・・

まとめ

どうしてもネットとかのコメントを見ると欲を出した高齢者が悪いというようなコメントが、このような詐欺事件では毎回多いような気がします。

しかし、それを悪用する人間が最も悪い。

高齢者が安心して暮らせる世の中になればこのような事件も減るのではないかと思いますが、今後年金が出なくなるかもという話も出ているので、これからは減少するどころか、増加の傾向にあるのではないでしょうか?

今後再び、このような事件が起こらないためにも厳罰化を望みます。