祭りが惨劇に!!群馬渋川「渋川山車祭り」で8人が重軽傷!事故の原因と責任の所在は?!

シェアする

まさかお祭りで惨劇が起こるなんて誰が想像しましたでしょうか?

群馬県渋川市で行なわれた「渋川山車祭り」で子供や妊婦を含む8人が山車に引かれ、重軽傷を負っていることがわかりました。

事故の原因は?

問われる責任の所在はどこに?

スポンサーリンク

事件の概要は?

【出典;TBS

祭りのさなかに事故は起こりました。

11日、群馬県渋川市で行われていた祭りの山車に、子どもや妊婦を含む男女8人がひかれるなどして、重軽傷を負いました。

 11日午後4時過ぎ、群馬県渋川市で行われていた「渋川山車祭り」の会場で、山車を引いていた人たちが山車にひかれるなどして、子どもや妊婦を含む男女8人が腕や足の骨を折るなどの重軽傷を負いました。

 警察によりますと、山車が上り坂にさしかかった際に山車を引いていた2歳の女の子がバランスを崩して倒れ、それを助けようとした女の子の母親(34)らが山車にひかれたり、倒れたりしたということです。

 渋川山車祭りは、19台の山車を引き回す人気の祭りで、警察は、当時の状況を詳しく調べています【引用元:TBS】

渋川山車祭りとは?

【出典;渋川市

毎年、8月11から13日のあたりに渋川市街で行なわれています。

渋川山車まつりは江戸後期に始まったそうです。

町内ごとの19台の人形を乗せた山車が祭り綱の引き手同士がぶつかり合いながら荒々しく綱を引き街をねり歩くところから「北関東一のあばれ山車」の異名を取る猛々しい祭りです。

スポンサーリンク

事故の原因は?

県警渋川署によると、川崎市の母親(34)と山車を引いていたとみられる娘の女児(2)が転倒したのをきっかけに、周囲の人が相次いで倒れた。女児をかばおうとした母親は腕の骨が折れ、女児は後頭部打撲などのけが。母親は妊娠中だったが、母体に影響はないとみられる。ほかに4人も足などの骨が折れた。【引用:朝日新聞】

荒々しい祭りの山車を2歳の女の子が引くとはどういうことでしょうか?

山車を引く姿ですが

【出典;朝日新聞

結構荒々しいではないですか?

笑っている方もいますが、殆どが大人の男性で口を食いしばっている姿もうかがえますが、ここに2歳の女の子に縄を引っ張らせるなんて少し無謀な気がしてしまうなんていうコメントがありましたが。。。

2歳の子供が倒れそれをお母さんが助け上げようとしたところで、将棋倒しのように人が倒れてしまったかもしれませんね。

スポンサーリンク

責任の所在は?

これは現在、事故状況がまだはっきりしていないのでわかっていませんが、いつものようだったら、市の責任になるのではないでしょうか?

危険とわかっていたのに、2歳の子供を参加させてしまったというところになるのでは?

しかし、一歩間違えれば死亡事故となっていたかもしれません。

もっと安全管理をしっかりしてもらいたいですね。

ネットの反応は?

いろんな情報が混乱しています。

山車の大きさがわからないけど、2歳は危ないだろう。下手すれば死んでる。

【引用元:yahoo】

子供が軽傷で本当に良かったです。

ガイドラインをある程度強化することはできると思う。

山車周辺に子供を近づけないとか、
山車を曳く男衆に経験者や力持ちを揃えるとか・・

だけどそれでもリスクゼロにすることはできないので、
注意喚起しながら継続させることになるのだろうし、
それでよいと思います。【引用元:yahoo】

装ですね。来年も行なうことにするのでしたらそれなりの規則などを決めるべきではないでしょうか?

観客と思ったら、山車を引いていたって…参加していたということなのか。驚き。 2歳の子?妊婦?危険性を考えなかったのだろうか…家族や運営側は止めなかったのだろうか…疑問だらけ。【引用元:yahoo】

確かに疑問が多いですよね。みんなで楽しむという点からすれば子供も参加できればいいのですが、このお祭りは危険が多すぎます。

スポンサーリンク

まとめ

コメントの中に「危険な祭りならやめてしまえ」という意見もありましたが、日本の伝統を伝えるという点でお祭りは必要ではないでしょうか?

ただ安全対策をしっかりして、怪我のないように行なうのが最善の策だと思いますが、なかなか思うように行かないのが現実です。