名古屋大学病院 男性研究生のプロフィール、facebookは?予想される被害は?ゲームセンターで患者3千人分のデータを紛失

シェアする

名古屋大学の付属病院に勤める男性研究生が、東京都内のゲームセンターで、患者のデーターの入ったパソコンを盗まれる事件が起きました。

今のところ被害は出ていませんが、貴重な個人情報の管理が甘すぎる!と思いませんか?

スポンサーリンク

事件の概要

なんと東京のゲームセンターで事件は起きていました。

名古屋大学は、付属病院の男性研究生が、東京都内のゲームセンターで、患者およそ3000人分のデータが入ったパソコンなどを盗まれたと発表しました。

 大学によりますと、盗まれたのは、名古屋大学病院と男性研究生(33)が前に勤めていた大垣市民病院で2009年から今年にかけて心臓病や不整脈の治療を受けた患者およそ3000人分の個人データが入ったパソコンやUSBメモリーです。

 研究生は先月25日、東京都内のゲームセンターでパソコンなどが入ったかばんを盗まれ、USBメモリーにはパスワードを掛けていなかったということです。

 いまのところ被害の報告はなく、病院側は「調査委員会を設けて厳正に対処する」としています。

【引用元:TBS】

ちょっと待ってください!

盗まれた日付と発表した本日の日付を見ていただきたいのですが、盗まれた日付は先月の25日です。

今日は14日ということで、約20日たっています。

その間何をしていたのでしょう?

隠せると思ったのでしょうか?もしそうでもないとしてもそのように考えてしまいますよね。

「いち早く発表してもらいたかった」とデータの中に個人情報が入っている方は思ったのではないでしょうか?

名古屋大学の研究生のプロフィール

現在は公開されていませんが、わかる範囲で書いてみますと

名前 非公開

性別 男性

年齢 33歳

職業 名古屋大学付属病院 研究生

名古屋の病院に勤めていながら、東京のゲームセンターで盗難に遭うというのは、なにか学会の発表か、勉強会に参加するためにきていたのでしょうか?

時間が余ったので近くのゲームコーナーで時間を潰していたのでしょうか?

33歳でゲームコーナーに行くというのも、よほどのゲーム好きだったということでしょうか?

情報が入り次第、加筆いたします。

スポンサーリンク

facebookは?

33歳ということで年齢的にはfacebookをやっていそうですね。

氏名が公開されたら早速調査をしてみたいと思います。

データ紛失による被害は?

現在出ていないということですが、名古屋大学は事の顛末を該当者に詳しく説明をされたのでしょうか?

「この頃何か変わったことはありませんでしたか?」と簡単に情報を聞きだしたかもしれません。

これでは該当者は何のことか良くわからず、気軽に返事してしまったかもしれません。

心臓病や不整脈の治療を受けた患者のデータということですが、該当者には高齢者が多いのではないでしょか?

ということは振り込め詐欺の元に渡ったら大変なことになるのでは?と思います。

警察も全力で捜していただきたいと思いますし、万が一被害に遭われた方がいた場合、名古屋大学は補償していただきたいですね。

スポンサーリンク

サイトの声

謝罪してすむ問題ではない。

【出典;TBS

このような個人情報は学内だけで保管して、持ち出し禁止にしないといけない。なぜ、PCやUSBメモリを持ち帰る必要があったのか。それが最大の問題だと思う。

計画的な様に思える。
この人、個人情報売ったんちゃうか?

大学によりますと、盗まれたのは、名古屋大学病院と男性研究生(33)が前に勤めていた大垣市民病院で2009年から今年にかけて心臓病や不整脈の治療を受けた患者およそ3000人分の個人データが入ったパソコンやUSBメモリーです。

 患者3000人分のセンシティブな個人情報をパソコンごと持っていかれたわけですか。33歳にもなっていったいどういう神経しているのかと思いますし、名古屋大学病院の管理体制もたいがいですね。あり得ない。

【引用元;yahooニュース】

研究生側の批判もありましたがそれ以上に名古屋大学側の管理体制に批判が相次いでいます。

大学も安易に考えていたのでしょうか?

まさか取られるとは思っていなかった。

まさか研究生がそのようなデータを持ち出しているとは思わなかった。

まさかゲームセンターに言っているとは思わなかった。

と今頃になって言っている事でしょう。

ずさんなデータ管理に問題が明らかになってしまった以上今後の体制をいち早く話し合い、改善してもらいたいものです。