フィフィが批判覚悟で産休6年の青山アナに噛み付いたwww

シェアする

公務員と言えるべくNHKのアナウンサーの青木祐子

6年も産休を取り続けているという。

民間ならともかく、国民の税金の上に乗っかる育児休暇についてフィフィが噛み付いた。

スポンサーリンク

6年も産休って(怒)?

【出典;日刊スポーツ

NHKアナウンサーの青山祐子(45)は平成12年の1月20日から産休に入り、今春には第4子出産予定で未だ産休継続中であるという。

これに対しフジテレビ系『バイキング』のコメンテーターでありタレントのフィフィ

「批判覚悟で言うが、これが民間ならご自由に。でも受信料を徴収するNHKで、こんな長期産休中に一部給与が支払われ続けてるとすれば、それって報酬としてなの?」

「まさか子育て支援?って、その目的によっては頭を傾げたくなる」【引用元;YAHOO ニュース】

と、青山アナに関するニュースとともにツィートした。

賛否両論のコメントが

これにはたくさんの賛否両論のコメントが寄せられ、フィフィが寄せたコメントは既に削除となったが、現在でもフォロワーからは意見が届いている。

男性や独身女性だろうか?民間だったらありえない、公務員だからできるという意見、6年なんて図々しいという意見。

それに対しこれはお子さんをお持ち世代だろうか?子供が日本にいないからそれくらいは多めにみてあげなよ、それが普通じゃないの?と言うフィフィに対し反対の意見が出ていた。

日本の子育て支援にもの申す

【出典;woman excite

公務員だからここまで長く育児休暇が取れているということ。

民間だったらまずできないとなれば、民間にもこの制度の導入が必要ではないか?

また公務員に出している育児休暇の報酬半分にして民間の育児休暇にまわすようにしたらどうだろうか?

このままではますます民間と公務員との格差が生まれ、国民の納得も得られないと思う。

スポンサーリンク