【驚いチャイナ!】中国旅客機が急降下!その原因は副操縦士のたばこ!?その時乗客は?

シェアする

びっくりチャイナ!驚いチャイナ!今回も驚かせていただきました。

てっきり乗客が飛行機の扉を開いてしまったのかと思いましたが今回は乗組員に原因がありました。

スポンサーリンク

事件の概要は?

【出典;日テレ

中国の旅客機が飛行中、機体が約8000メートル急降下する事態になった。その原因はなんと、副操縦士がたばこを吸ったことと伝えられている。いったい何があったのだろうか?

機内アナウンス「乗客の皆さん、キャビンの中の空気の圧力が低下したため、緊急降下しています。皆さん、落ち着いてください、酸素マスクが下りたので、着けてください」【引用元:日テレ】

【出典;日テレ

酸素マスクが降りています。

そして乗客は落ち着いています。

キャビンアテンダントも乗客に指示をしてまわっています。

【出典;日テレ

【出典;日テレ

皆、冷静に酸素マスクを着用しています。


乗客・乗員162人を乗せた旅客機が突然、急降下したのは、今月10日。中国国際航空の旅客機で、香港から大連へ飛行中だったという。旅客機は上空1万1000メートルで飛行中だったが、突然、急降下し、上空3000メートルまで高度が下がった。

8000メートルもの急降下。なぜ、こんなことが起きたのだろうか。

【引用元:日テレ】

8000mなんていったら凄い距離!富士山2個分以上です。

【出典;日テレ

急降下すると吐き気を催しますが、機内では惨事が起きていたことでしょう。

スポンサーリンク

その原因は、コックピットにいた副操縦士。中国の航空当局によると、副操縦士は飛行中に、機内で電子たばこを吸っていたという。その煙が客席まで広がるのを防ぐため、空気の循環を止めようとしたが、誤ってエアコンなどの空調を停止させるボタンを押してしまい、客室が酸素不足となった。その際の緊急対応の一環でとったのが機体の急降下だとみられる。【引用元:日テレ】

【出典;日テレ

電子たばこでも吸ってはいけないでしょう!

しかし、電子たばこも煙が出るんですね、初めて知りました。

【出典;日テレ

空調と循環のボタンを間違えたんですね。でもそれだけですんで良かった?!

そう思えるのは私だけでしょうか?

間違えて「Door Open」押してしまったら大変なことになるところでした。


エアコンを止めたまま急降下した機内の当時の様子について乗客は…。

乗客「客室内の温度が上がってきた。クーラーが完全に効かなくなった」

乗客・乗員にケガはなかったが、重大な事故につながる可能性もあったことから、中国航空当局が調査を進めている。【引用元:日テレ】

スポンサーリンク

ネットの反応は?

副操縦士の行動を見ていた、機長の様子が知りたい。まさか2人で?

【引用元:yahoo】

機長は注意をしなかったのでしょうか?

乗り合わせたCAさん、そしてお客様がかわいそうです。

副操縦士も乗客の命預かっているのに
どうして操縦中にタバコを。
タバコやめて欲しいです【引用元:yahoo】

副操縦士をやめるか?たばこを辞めるかのどちらかにしてもらいたいものです。

コックピットでは吸っても良かったのだろうか?

乗客とか乗組員はダメで操縦士と副操縦士は特別扱いなのかな?【引用元:yahoo】

それはないと思います。

まとめ

乗客の命を預かっている以上、責任持った行動をしていただきたいです。

今回、急降下で済んだのですが、乗客の気持ちになったら生きた心地がしなかったと思います。

今回の副操縦士の方には強く反省していただくことを望んでいます。

スポンサーリンク