各界のご意見番・・・ってどうなの?ご意見番にむいてるの?

シェアする

相撲業界が現在荒れ模様で連日のように顔を出すご角界のご意見番として顔を出す藤田憲子さん。

このように何かあると「待ってました!」といわんばかりに顔を出すご意見番の方々。

このご意見番の人ってどうなの?ご意見番に向いてる??

スポンサーリンク

不倫といえば石田純一

あくまでも不倫に対して前向きです。

文化や芸術と言ったものが不倫と言う恋愛が元となっているとコメントしたものが勝手に「不倫は文化」といコメントをしたと出版されてしまいました。

これには世間から猛烈なバッシングを浴びました。

その後、芸能人の不倫が起きるたびに意見を求められていますが、この方はご意見番には向いていないのではないでしょうか?

議員同士の不倫をした今井絵里子議員に対しては「世の中生きていればいろいろある」といった経験者は語る的なコメント。

ベッキーのときにはどうせばれてしまうのだから、「ごまかすぐらいなら全部認めてしまえばいい」というようなアドバイスをしています。

記者やお茶の間が期待するような煽ったり、真っ向な否定をするような意見は言わないので、この頃お茶の間に登場する回数も減ったような気がします。

戦争が起きたと言えば ひげの隊長 佐藤正久

【出典;excite news

自民党が製作した安保法制の解説動画「教えて!ヒゲの隊長」に登場し、イラク戦争を知らない高校生まで知られるほど有名になりました。

この動画は現在日本がおかれた状況について高校生のあかりちゃん佐藤議員が教えてあげるというもの。

しかし、出来のいいパロディ版が出まして、本家を上回る視聴者数。

このパロディ版は、あかりちゃんが佐藤議員に教えてあげるというもので途中、佐藤議員を「ひげ」呼ばわりして結局は佐藤議員をやり込めてしまうといった内容です。

これには佐藤議員も笑ったようですが・・・

自衛隊、戦争がかかわる問題が起きるとテレビに出動されて来てますが、コメントはやはり自民議員だけあって自民党依りのコメントでしっくりこないというのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク

角界問題といえば、やくみつる、藤田憲子

【出典;houchi news

やくみつるはどちらかと言えばオールラウンドでコメントできる漫画家ですが、特に相撲界のコメントには角界の中ではもっとも的を得ているのではないでしょうか。

藤田憲子は、元貴乃花親方の母であり、もとは相撲部屋の女将さん。

やくみつるがレギュラーで出ているのと比べ、角界で問題があると「待ってました」と待ち望んでいたかのように登場しています。

しかし、本当にこの人ここまで知っているの?という感じ。

先日元旭鷲山が日本を訪れ日馬富士のことについて話しているが、誰とも連絡を取っていないのに当事者と関わりがあるようなコメントを言って稼ぐためだけに来たなんて元横綱・朝青龍が怒っていました。

藤田憲子もそんなもの?じゃ無いかと疑ってしまいます。

だいたい母親が自分の息子に対してそんなにテレビでべらべら話すものか?とさえ思ってしまいます。

私が息子だったら「少しは黙っていて欲しい」と思うはず・・

へたに部外者が入ると火傷することも・・・カンニング竹田

今回カンニング竹山が相撲界に対してコメントしたことに対し炎上しています。下手に部外者はコメントしないほうがいいと思います。

教育・いじめ問題・・・尾木ママこと尾木直樹

【出典;週刊女性PRIME

学校いじめ問題があると尾木ママの登場なんですが、尾木ママのコメントのパターンとしてあくまでも学校側子供側に別れた場合、必ず批判されるのは学校側のようではないでしょうか。

そしてこの頃メディアの露出が減りましたが、これはいじめが減ったと言うわけではなく、メディアが「尾木ママはすぐに感情的になり、暴言を吐き暴走する」と言う点でお仕事を減らしているらしいです。

朝鮮半島情勢といえばお馴染み 辺真一

【出典;livedoor news

慰安婦問題から北朝鮮情勢、そして平昌オリンピックと今年は辺氏にとって当たり年といってもいいくらいに出演回数が多いです。

朝鮮半島といったらこの人しかいないと言うくらい、必ずでてくる方です。

逆に辺氏が出てこない場合、カレー福神漬けをつけるのを忘れたと言う物足りなさを感じてしまいます。

辺氏は在日韓国人ということですが50歳になってから自分の母親が日本人と言うことを知ったそうです。

親日か反日かはよくわかりません。テレビでは日本より、そして講演では韓国よりの発言をし、北朝鮮の工作員じゃないかと噂が出ていますが真相はいに???

まとめ

まだまだその道もご意見番という人たちが多く存在いたしますが、そのかたがたの良し悪しは、聴き手の私たちにより評価も変わってくると思います。

メディアとしては真っ向から否定や、批判をする人が好まれている傾向になるみたいですが・・・

今後「なるほど・・・的を得ている」と共感できるようなご意見番が出てくるのを望みたいとおもいました。

スポンサーリンク