根本武明と笹川裕の顔画像と犯行の手口とは?フリマアプリで「響30年」偽物販売で逮捕!

シェアする

根本容疑者と笹川裕はフリマアプリを使い、偽物の「響30年」を販売したとして逮捕されました。

2人は容疑を否認していると言いますが、その手口とは?

スポンサーリンク

事件の概要

【出典;テレ朝ニュース

サントリーのブランドウイスキー「響30年」の偽物をフリーマーケットアプリで販売したとして、三重県警生活環境課と四日市南署は21日、いずれも古物店店員の根本武明(29)=東京都中野区丸山2=と、笹川裕(26)=東京都渋谷区本町1=の両容疑者を商標法違反と詐欺の容疑で逮捕した。いずれも容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年6~7月ごろ、仙台市の男性会社員(29)にアプリを通じ、響30年の偽物を19万~20万円で4回に分けて計5本販売し、サントリーホールディングスの商標権を侵害するとともに、男性から販売代金計99万円をだまし取ったとしている。箱や瓶は本物だったが、中身は別のウイスキーに詰め替えられていたという。四日市南署によると、昨年7月に四日市市の男性から「偽物の響が売られている」と情報提供があった。

 同社と同署によると、響30年は700ミリリットルで希望小売価格は税別12万5000円。人気のため店頭で手に入りにくく、インターネット上で40万~50万円で流通しているという。【谷口豪】【引用元:毎日新聞】

根本容疑者と笹川容疑者のプロフィールは?

根本容疑者

名前 根本武明

年齢 29歳

職業 古物店店員

住所 東京都中野区丸山2

笹川容疑者

名前 笹川裕

年齢 26歳

職業 古物店店員

住所 東京都渋谷区本町1

スポンサーリンク

両容疑者の顔画像は?

現在ですがニュース画像を見ていますが出ていません。

facebookも探して見ましたが特定できませんでした。

気になる方はこちら。根本武明笹川裕

「響30年」とは?

【出典;テレ朝ニュース

年間数千本しかつくれない、貴重で希少な数量限定商品です。モルト原酒にはサントリー秘蔵の超長期熟成樽の中から最低でも酒齢30年以上のモルト原酒が入念に選ばれます。これに酒齢30年以上の円熟グレーン原酒を吟味して丁寧にブレンドします。数が少ないため、すべて手作業で行われます。贅を極めた宝石のような美酒として、30面カットのクリスタルボトルに封じてお届けします。【引用元:サントリーHP】

希望価格は125,000円となっていますが、手に入りにくく、現在ネットでは50万前後で流通しています。

犯行の手口

古物商をしていて「響30年」の価値を知っていたのでしょうか?

2人は共謀し、響きの本物の箱とビンを用意し、別のウイスキーを詰めて販売をしていたと言います。

しかし、どこから本物の箱とビンを手に入れたのでしょうか?気になりませんか?

そして一度開けたらキャップはわかるようになっていると思うのですが、容疑者はそこまで頭が回らなかったのでしょうか?

この偽物の商品を手にした四日市の男性が返品し、警察に相談に行って犯行が発覚しました。

スポンサーリンク

容疑者の言い分

根本容疑者は「偽物を売ったことに間違いはないが、売ったときには偽物とは知らなかった」、笹川容疑者は「偽物と知った上で売ったことに間違いはないが、人をだまそうという意思はなかった」と供述しているという。

【引用元:朝日新聞】

「偽物を売ったことに間違いないが偽物とは知らなかった」・・・誰が偽物のウィスキーを詰めたのでしょうか?

「偽物と知った上で売ったことに間違いないが、人をだまそうと言う意思はなかった」偽物と知った上で売ったということは既にだましていると言うことではないでしょうか?

ネットの反応

偽物と知った上で売ったが、騙そうとは思っていなかった?
意味がわからない!【引用:yahoo】

確かに意味がわからないし、これが否認の理由として通るのでしょうか?

舌を鍛えてないと偽物と言い切るのは難しいけど、高くても買って飲むからには違いがわかる方だったんだろうね。
楽しみにしてただろうに。【引用:yahoo】

一度開封したものとそうでないものではキャップでわかると思いますが。

響の30年物は別格なんだよ、色と香りは他のウィスキーには比べられないんだよ。ワンショット5000円なめるんじゃね。
何度も騙される方も響に失礼だよ。【引用:yahoo】

響を知っている方でしょうか?味が全然違うと言うことですね。

スポンサーリンク