『仮面女子』猪狩ともか(顔画像)脊髄損傷で今後は車椅子生活に!『絶望』と諦めたことも

シェアする

地下アイドルそして仮面アイドルとして人気の猪狩ともかが、4月に強風で倒れた看板の下敷きになり今後、車椅子の生活になることをツイッターで告げました。

スポンサーリンク

地下アイドル・仮面女子の猪狩ともかが「脊髄損傷による両下肢麻痺」となり、今後は車椅子での生活となることが7日、分かった。猪狩がブログで明かした。猪狩は4月に強風で倒れた看板の下敷きとなり、入院中だった。

 仮面女子の公式ツイッターには「強風で看板が倒れ下敷きになる事故にあった仮面女子の猪狩ともかですが『脊髄損傷による両下肢麻痺』となり、自分の力で脚を動かす事が困難で今後は車椅子での生活になります」と説明。「退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます。これからも猪狩ともかをよろしくお願いします」とつぶやかれた。(引用元:ディリー)

若干26歳で今後車椅子の生活を余儀なく送ることになってしまいました。

アイドルという立場から、多分『引退』も考えたのではないでしょうか?

猪狩ともかのプロフィール

名前 猪狩ともか

年齢 26歳(1991年12月9日生まれ)

出身 埼玉県

所属 アリスプロジェクト 仮面女子、スチームガールズ

埼玉せいぶライオンズの大フアン

スポンサーリンク

猪狩ともかの顔画像

【出典;ディリー

26歳にはとても見えませんね。アイドルにもやっとなれたと言うときの事故でした。

事故の内容は

11日午後1時45分ごろ、東京都文京区湯島1丁目の湯島聖堂の敷地内にあった案内板が倒れ、近くの歩道を歩いていたアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)にぶつかった。

(略)

案内板は木製で、縦2・8メートル、横3・8メートル。強風で飛ばされたとみられ、倒れていた猪狩を通行人が見つけ、通報した。

(引用元:デイリースポーツ)

どのようにぶつかったはわかっていませんが、まぶた裂傷・頭部挫創・骨折(脚、肋骨(ろっこつ)、胸椎、腰椎)そして、脊髄損傷、その影響で両下肢まひを負い、今後歩くことが困難になり、車椅子の生活を余儀なく送ることになりそうです。

現在の様子

現在猪狩はリハビリに励んでいて3ヵ月後には退院もできそうとのこと。

ブログでも今後車椅子の生活を送るということで、自分では受け入れることが出来ず、フアンに対する報告が遅れてしまったことを謝罪しました。

車椅子生活となったことで、今後の活動についても「絶望しました」と諦めかけたが、周囲の人や、ファンからの励ましで「車椅子の猪狩ともかとしての活動を自然と想像している自分がいました」とつづり「脚が動かなくなっても、車椅子に乗りながらやりたいことはたくさんあります」としっかりと前を向いた。(引用元:ディリー)

前向きにとらえているみたいです。

応援したいですね。

リハビリ中の写真がこちら

将来が心配なのにこんなに笑顔でいられるなんて信じられないと声がでていました。

スポンサーリンク

サイトの声

ここまで言えるようになるには、相当な時間と葛藤があったでしょうね。
陰ながら応援します。(引用元:yahoo)

フアンに励まされて変わったとのこと。

ニュースとかになったのかな?
全然知らなかった…。
看板の下敷きで重体って、かなりの事件だと思うけど…。
山口なんかより、この子の方がいい意味で報道に値する。本人が望むのであればだけど。
怒りをどこにぶつけたらいいか分からないだろうな。(引用元:yahoo)

まさか誰も看板がぶつかってくるなんて思わないですよね。

本当に乗り越えるのが大変だったと思います。

今回の事故は残念な出来事だったが、自分の現状を公表できる強さは見習いたい。

彼女にしかできないアイドル活動をしてくれることを期待。(引用元:yahoo)

車椅子の立場と健常者の立場がわかるアイドルです。

障害者の立場にも立って物が言えるアイドルになって欲しいですね。

まとめ

まだまだこれからというときに車椅子となってしまいました。

しかし彼女の前向きな態度は誰から見ても、素晴らしいですね。

殆どの方が絶望のふちに立たされて相当悩むのに、彼女は今後の抱負を語っています。

今後、猪狩ともかから目が離せませんね。

スポンサーリンク