イスラム国のテロか?犯人の顔画像と犯行現場は?仏・パリの通行人襲撃事件

シェアする

暫くおきていなかったイスラム国のテロですが、12日にフランスのパリの観光地で男が通行人を次から次へと襲撃する事件が起きました。

男は警察に襲撃されましたが、どんな人だったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要は?

事件はなぜ起きたのでしょうか?

【出典;TBS

フランス・パリで12日、男が刃物で通行人らを襲撃し、5人が死傷しました。フランスの検察当局は、テロ事件として捜査しています。

 パリのオペラ地区で12日夜、男がナイフで通行人を次々と襲い、1人が死亡、4人がけがをしました。男は現場に駆けつけた警察官に射殺されました。

 フランス検察当局は、男は20代くらいの北アフリカ系だとしていて、犯行時に「神は偉大なり」と叫んでいたことなどからテロ事件と断定し、捜査しています。また事件後、過激派組織「イスラム国」系の通信社がイスラム国の戦闘員の犯行だと主張する声明を出しています。

 「犯人の手は血まみれで、ナイフを左手に持って襲う人を探していた」(目撃者)

 「(職場の)こんなに近くで事件があると思わなかった。びっくりです」(現場近くで働く日本人)

 現場は多くの日本食レストランがあり、観光客に人気の場所ですが、パリの日本大使館によりますと、日本人の被害の情報はないということです。

【引用元:TBS】

日本人もよく行く場所だったそうですが、日本人の被害者は出ていないようです。

犯人は?

【出典;TBS

男は20代くらいの北アフリカ系だとしていて、犯行時に「神は偉大なり」と叫んでいたことなどからテロ事件と断定し、捜査しています。また事件後、過激派組織「イスラム国」系の通信社がイスラム国の戦闘員の犯行だと主張する声明を出しています。【引用元:TBS】

イスラム国がイスラム国の戦闘員の犯行と言う声明を出しているのならそうかもしれません。

現在、イスラム国の戦闘員またはスパイは世界中に広がっています。

いつ日本の東京の真ん中でテロが起こってもおかしくない状況になっています。

スポンサーリンク

犯人の顔画像は?

今現在、ニュースサイトには公開されていないようです。

公開あり次第、アップします。

犯行の現場

パリ中心部のオペラ地区

パリの中心に位置するオペラ地区はシャルル・ド・ゴール空港からのシャトルバスが到着することもあり、パリ観光の拠点として、毎日多くの観光客で賑わっています。複数のメトロ・RER線が行き交い、観光地へ行くのにも便利

(引用元:O’bon Paris)

町の中心と言ってもいいくらい色々なお店が建ち並び、夜でも人通りのあるところです。

【出典;TBS

日本食レストラン「OKINAWA」「YUKI』と言う看板も見えます。

日本人も多くの人が訪れていました。

【出典;TBS

襲撃後、警察の車がいっぱい

事件当時の様子

【出典;TBS

事件直後、逃げ惑う人たち

【出典;TBS

スポンサーリンク

目撃者と近くで働く日本人は?

目撃者:「現場に着いた時、被害者は意識があった。何かしゃべっていたが、よく聞こえなかった。そしたら銃声が2発、聞こえた」【引用元:テレ朝】

【出典;TBS

「犯人の手は血まみれで、ナイフを左手に持って襲う人を探していた」

近くで働く日本人は

【出典;TBS

「(職場の)こんなに近くで事件があると思わなかった。びっくりです」(現場近くで働く日本人)

どちらの人も驚きを隠せない様子でした。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

まだいたの?存在感が薄くなった感じがするな~。かまってちゃんやな。

【引用元:yahoo】

存在感をアピールするためでしょうか?

今回は戦闘員を送り込んだ訳ではなく、後出しで犯行声明を出しただけに過ぎない。
ISとの直接の関係はなく、弱体化しつつあるとも思う。

しかしISが弱体化したからと言って問題が沈静化するとも考えづらい。
アメリカほか有志連合による空爆が憎しみを生み、過激派によるテロが更に憎しみを生む「憎しみの連鎖」の構造自体をなくせていないからだ。

今後も、組織に所属しない名もなき戦闘員によるゲリラ的テロは続くだろう。

【引用元:yahoo】

そうですね。先に声明を出すことなく、犯行が行われた後に『実はあれ、内の仕業なんです』と言う感じに受け取れますね。

被害者人数関係なくテロは許してはならない。

【引用元:yahoo】

これは絶対許せませんね。

まとめ

日本も現在、国際化なんて海外からどんどん来られる外国人に対して警戒感無しに受け入れているような気がしますが、噂によりますと既にどこかにアジトができているとか・・・

対岸の火事ではありません。

テロ事件が起きないようにするには、私たち一人ひとりの危機管理も必要ではないかと思いました。

もちろん、日本政府のテロ対策は万全ではないですから・・・

スポンサーリンク