地面師 安藤一宏、宮田康徳の顔画像特定!アパ不動産詐欺でアパホテル被害12億超え 

シェアする

不動産会社を狙った「地面師」グループの安藤一宏宮田康徳ら4人は、医療法人の理事長になりすまし、都内不動産会社から現金3億円以上を騙し取りました。

大手ビジネスホテル「アパホテル」が運営する不動産会社『アパ』社からも12億円以上を騙し取っていました。

スポンサーリンク

事件概要

医療法人の理事長になりすますなどして、東京・港区の不動産会社から現金3億円以上をだまし取ったとみられる、いわゆる“地面師”グループの男ら4人が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、職業不詳の安藤一宏容疑者(59)と会社役員・宮田康徳容疑者(55)ら4人で、2013年4月、都内の医療法人が品川区に所有するおよそ480平方メートルの土地をめぐり、印鑑証明書などを偽造して、無断で所有権を移そうとした疑いが持たれています。

 安藤容疑者が医療法人の男性理事長になりすましたとみられ、警視庁は、4人がこの土地を売却し、港区の不動産会社からおよそ3億6000万円をだまし取ったとみて詐欺の疑いでも調べる方針です。

 4人は、いわゆる「地面師グループ」で、宮田容疑者は「アパホテル」などを運営するグループの不動産会社「アパ」社から12億円以上をだまし取ったなどとして逮捕・起訴されていました。

【引用元;TBS NEWS】

不動産会社を騙すわけですから、1件あたりの被害総額が多きいですね。

しかも、大手のアパホテルの運営会社まで騙しているわけですから、きっと巧妙な手口だったのに違いありません。

しかし、12億円以上もお金を動かす際、調査会社に相手の身元を調査しなかったのか不思議です。

地面師とは

ジメンシ土地不動産を所有者が知らないうちに所有者に成りすまし、委任状印鑑証明などを偽造し、勝手に売買や借金の抵当に入れたりするグループ。

事件ごとに土地探し、偽造文書作成といった役割をメンバー内で変えている。

1990年代のバブルで土地が高騰した際、もっとも被害が多かったが、オリンピック特需の現在も被害が増えつつある。

スポンサーリンク

安藤一宏、宮田康徳の顔画像特定!

【出典;TBS NEWS

安藤一宏(あんどうかずひろ)

59歳

職業不詳

宮田康徳

【出典;TBS NEWS

宮田康徳(みやたやすのり)

55歳

会社役員

ほか2人。医療法人の理事長を装ったということはこの2人のうちどちらかが、理事長に化けたのでしょうか?それとも他の2人か?

見た感じどちらも理事長らしい雰囲気がありません。

ネットの反応

医療法人の理事長のフリって相当レベル高いな。
名刺一枚で信用しないほうがいいな。

【引用元;yahooニュース】

最近の悪党はかなり演技力が求められるのか。。。

【引用元;yahooニュース】

余罪沢山ありそう

【引用元;yahooニュース】

積水ハウスが被害にあった地面師ではないんだ?あまり報道とかされないけど、余程のもんだよ。

【引用元;yahooニュース】

大手やり手のAPAが騙された時点で驚きました。

多分やり方が巧妙なんでしょうね。

現在、オリンピック前で都内の土地を欲しがる企業も多く、それをうまく手玉に取って動いている詐欺・・・今後も益々増えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク