韓国籍女性、直腸に金塊隠し入国。金の挿入方法とは?金属探知機の検査で発覚!

シェアする

金塊を直腸に隠し持って密輸しようとした韓国籍の女性7人が中部空港で発覚しました。

金属探知機による検査でわかったようですが、肛門から挿入するって1?

発想がすごい!?と感心してしまいます。

スポンサーリンク

事件の概要

韓国籍の女性7人が1月末、加工した複数の金塊を直腸に隠して韓国から中部空港(愛知)に密輸しようとしていたことが20日、空港関係者への取材で分かった。

 金塊密輸はこれまで、下着などに隠す手口が多かったが、体内に隠す手口が発覚するのは珍しいという。

関係者によると、密輸しようとしたのは50~60代の女性7人で、ツアー客を装っていた。

韓国の仁川空港から中部空港に到着後、金属探知機による検査で発覚した。

名古屋税関中部空港税関支署は7人に罰金の納付を求める通告処分にする方針。

【引用元:日刊スポーツ】

韓国のほうでは金属検査はないのでしょうか?なんて思ってしまいますが、私自身の経験からすると、厳しい検査があります。

特に日本人に対しては厳しいくらいの検査だと思います。

以前、私はししゃものキーホルダーを持っていましたが、そのキーホルダーだけでも、出国の際に引っかかり、取り出しなさいと注意を受けたことがありますが、韓国人に対してはするーなんでしょうか?

時々金の延べ棒を手荷物で持って日本に入国しようとした韓国人が摘発されています。

金の挿入方法

7人は数センチほどに加工し、透明の袋に入れた複数の金塊を肛門などから挿入、直腸に隠していた。

入国後、トイレなどで出す計画だったとみられる。

【引用元:日刊スポーツ】

数センチと言えども金属は金属。直腸を傷をつけないか心配です。

いくら透明な袋に入っているといっても金歯には使いたくないですね。

入国後、空港のトイレで取り出すことになるでしょう。

成田空港の女子トイレですが、よく流してはいけないものが流されていましたと故障中ですがこういうことだったのか?と納得。

ゴミ箱にビニールを捨ててはばれてしまうので証拠隠滅を兼ねてトイレにながしているんでしょうね。

スポンサーリンク

何で直腸?!

直腸にいれたというのは大変珍しいパターンだそうです。

靴の底、下着の中、カバンの中に仕込んだりしているそうですが、まさか直腸だとは思いませんでした。

ちょっとでも気張ったら出てきてしまうわけですし・・・

ひとりずつ飛行機のトイレに行ってボ○ギノールといった痔の薬のように注入するでしょうね。

しかし、日本の入国管理も天晴れでしたね!

まさか6-7人のツアーグループを装ってくるとも思わないし、直腸の中には入っているなんて夢の夢!

きっと行動が不自然だみえて職務質問をしたのではないでしょうか?

サイトの声

没収じゃなくて、返してもらえるんなら手を変えてまた密輸にチャレンジできるね。日本は優しいね。

入管手続きの強化をお願いします

どうやって取り出すんだろ。
痛そう。。。

【引用元;yahooニュース】

確かに日本は罰金刑で住んでしまいますので、違反のものを持ち込むことが後を絶ちません。

今回は失敗したけど、次回更に、別の宝石で挑戦なんて・・・いっているのではないでしょうか?

こういう違反というのは後をたたないので重罰にしてもらいたいと思いました。

スポンサーリンク