菅野弥久容疑者(20)と海老原さんの接点が判明!?印西市放火殺人事件

シェアする

千葉県印西市(いんざいし)で起きた放火殺人事件で、金崎大雅、仲内隼矢、菅野弥久と16歳の少女が逮捕された事件で、加害者の一人が暴行を加えて火をつけたことを供述しています。加害者の男女と被害者の海老原さんを結びつけたものは何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要

【出典;TBS NEWS

 今月17日、千葉県印西市で住宅が全焼した火災。焼け跡から見つかった遺体の身元は、DNA型鑑定の結果、ここに1人で暮らしていた海老原よし子さん(55)と判明しました。

 「本当に気の毒で、かわいそうで。足の悪いのを知っていましたので、月に1回くらいは行っていました」(民生委員の男性)

 数年前から足を悪くしていたという海老原さん。司法解剖の結果、死因は焼死で、気道内にすすが付着していたことなどから、火災が発生した時には生きていたとみられるということです。現場からは油の成分が検出されました。

 警察は、殺人と放火の疑いで、金崎大雅容疑者(20)、仲内隼矢容疑者(20)、菅野弥久容疑者(20)と16歳の少女を逮捕。4人の身柄は20日、検察庁に送られました。警察は4人の認否を明らかにしていませんが、捜査関係者への取材で4人の一部が「頭にきて海老原さんを殴ったり蹴ったりして暴行を加え、火をつけた」と供述していることが新たにわかりました。

 20歳と16歳という若い容疑者たちと55歳の海老原さんを結びつけたものは何だったのでしょうか。

 「焼けた家は黒い骨組みが見え、近づくといまだに焦げたにおいがします。こちらの現場では、事件の前から容疑者の4人が海老原さんの自宅に出入りしていたということです」(記者)

【引用元;TBS NEWS】

殴る、蹴るの暴行を加えられ、そして生きたまま灯油をかけられて火をつけられたそうです。

残酷で目に余るものがあります。

彼らには人間の心がないのでしょうか?

4人は頻繁に海老原さん宅を訪れていた。

【出典;TBS NEWS

【出典;TBS NEWS

捜査関係者が言うには、加害者の4人が海老原さんの家に出入りし始めたのは事件の1,2週間前からであって時々寝泊りもしていたそうです。

【出典;TBS NEWS

近所の女性いわく、2週間前くらいから頻繁に車が止まっていたとのこと。

きっとお金がなくて、食事や寝る場所を確保したくて海老原さんのお宅に近づいていたのでしょう。

「金づるが出来た」

【出典;TBS NEWS

菅野容疑者の知人は、菅野容疑者から今月の上旬に『金づるが出来た』足が悪い人と話していたようで、どのような関係かと聞いたら答えなかったそうです。

しかし菅野容疑者は海老原さんとは以前から同居したこともあるでした。

「金づるができた」といいつつも、元交際相手には「一週間くらいご飯を食べていないから、お金を貸して欲しい。車の中で寝ている」と言ったそうです。

海老原さんとの接点

菅野容疑者が以前同居したことがあるといことで、4人揃って海老原さんの家に海老原さんの承諾も得ずに寝泊りしていたのではないでしょうか?

そしてお金がないので、海老原さんに行くたびにお金をねだっていたそうです。

それで事件当日も、海老原さんの家に行きお金をねだったところ強く断られ、それが気に入らずに4人は暴行しました。

そして犯行がばれるのを恐れ、放火殺人をしたのではないのでしょうか?

菅野容疑者と海老原さんは年齢的にも離れ、住所も違います。

ヘルパーと患者の関係だったのでしょうか?闇の中です。

ネットの声

情状酌量の余地なし
被害者の方の無念もあるだろうから全員火炙りの死刑
もう少年法の改正待ったなしでしょう
更生なんかしないし生かしても税金無駄にするだけ

同じ事しても16歳は少年法。おかしいよなぁ…やっぱり。

お金を返してくれなかったって
55歳の人がどういった関係で
若い人からお金借りたんだろう?逆だったら分かるけど。
金額もいくらだったんだろうね?

お金を返してくれなかったじゃなく、貸してくれなかったやろ?
他で、ガソリン代2000円貸したって奴が出てて、総額5万ぐらい貸してるって言ってたぞ。
体が不自由なのをええことに集ってたん丸出しやんけ。
しかし、罪を償ってやり直してほしいって言ってた親の顔が見たいね。

【引用元;yahooニュース】

鬼畜の仕業とも言わざるを得ない蔵ひどい事件でした。

生きたまま人を焼き殺したわけですから。

ぜひとも重い罰を与えてもらいたいものです。

スポンサーリンク

まとめ

今回4人と海老名さんの接点をさがしましたが、菅野容疑者が友達となった真相がわかりません。

足が不自由無抵抗の女性を殺めた罪は大変重く、反省をしてもらいたいと思いました。