小室圭さんの母の元婚約者は「なぜ今になってお金を請求するのか」そして現在の胸中は?

シェアする

今、一番話題と言えば小室圭さんのお母さんの佳代さんの金銭トラブルではないでしょうか。

佳代さんが起こした金銭トラブルで現在は結婚が延期となっていますが、どうして今頃になって佳代さんの愛人の方は、『お金を返して欲しい』と言ってきているのでしょうか?

そして婚約破棄になりそうな現在どのような心境なのでしょうか?

探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも金銭トラブルとは

かつて佳代さんの元婚約者は、小室家と同じマンションに住み、小室さんの父親と親しかった。国立音大付属小学校に通っていた小室さんが10歳だった2002年、父親が亡くなり、佳代さんはシングルマザーとなるが、中学・高校ともに小室さんを「カナディアン・インターナショナルスクール」に通わせるなど教育熱心な母親だった。

 小室さんが高校生のとき、男性は小室さん親子と親しくなり、「圭さんの父親代わりになれれば」という気持ちから、佳代さんと婚約。両親にも婚約者として佳代さんを紹介していた。この間、小室さんの学費など400万円以上を佳代さんに渡した。男性の知人が言う。

「貸したという認識でした。そうはいっても、婚約者の女性に、契約書に一筆書けとは言い難いところもあったといいます」

 事情も重なり、婚約破棄とともに、返してほしいと伝えたが佳代さんは拒否。小室さんもはっきりと「もらったものだと思っている」と答えたという。

 手元資金が苦しくなった男性は昨年末、ついに自宅の売却に追い込まれた。

【引用元;AERA Dot.】

これを読んだ時に小室さんは、ここまで自分のやりたいようにさせてくれた人に対して感謝の気持ちがないのか?と感じました。

400万以上も貢がせておいて『貰ったものだと思っている』というのはどうかと思いました。

この母にしてこの子あり・・・というものでしょうか?

スポンサーリンク

貢いだ400万の内訳

・小室さんのカナディアン・インターナショナルスクールの授業料(190~200万円/年)

・国際基督教大学(ICU)の入学金と授業料【2年以降は奨学金が出たため授業料はかからず】

・圭さんの3年の時のアメリカ留学費用200万円(実際は100万円くらいでしたが、佳代さんは200万円請求したそうです。)

・圭さんが通ったアナウンススクールの費用

・東日本大震災後、佳代さんの仕事が減ったため、生活費を毎月10万円請求

【出典;週刊女性PRIME

200万円が佳代さんの口座に振り込まれている。

使ったお金は他にも旅行や食事代など足していくと400万円は超えるといいます。

元婚約者が音を上げるまで、佳代さんのお金の無心は続いたそうです。

なぜ今、元婚約者は『金銭トラブル』を訴えるのか?

【出典;週刊女性PRIME

佳代さんは元婚約者に会うたびに何らかの理由を言ってお金を無心していたそうですが、この時点で男性よりお金が欲しかったのではなかったのかと感じてしまいます。

その後、婚約者側から婚約破棄をし、お金を少しずつでいいから返して欲しいと頼みます。

すると佳代さんは『毎月1万円ずつ』と言ったものの返却せず

男性は再度の請求をすると『借りたものではなく、貰ったものだと思っている』と佳代さんは言い、圭さんも同調したそうです。

男性は仕方なく家を売ることになり、借金を返したそうです。

男性としては、『貰ったもの』と言われた際に、腸が煮えくり返るくらい腹が立ったのではないでしょうか?

それでこのたび、圭さんの眞子様との婚約騒動

もし、佳代さんが返してくれなくても皇室が立て替えてくれるのではと思ったのでは?

なかなか進まない弁護士の取立てに不満を持っていた頃の『寝耳に水』の出来事ではなかったのでしょうか?

しかし、報道が進むにつれ、嘘か本当かわからないが、なんとお金がないと必死に訴えていた佳代さんに愛人がいたことが発覚。

しかも、その愛人を養っていたと言う。

その生活費に自分のお金が使われていたなんて考えたら私でも腹が立ちますが真相は闇の中です。

スポンサーリンク

現在の心境

現在はだいぶ気持ちも落ち着かれたみたいです。

今回のような結婚延期や、もし今後、破談になったとしても、私はおふたりの結婚に関してとやかく言う立場ではありません。

 私は当初から、おふたりの結婚を邪魔したい思いはありません。ただ、貸したお金を返していただきたいという気持ちがあるだけです。いまだに小室さんや宮内庁からは、いっさい連絡はありません」

【引用元:週刊女性PRIME】

別に結婚を破談にしようとは思ってはいないとの事です。

ただ借金を返していただきたいとのことです。

ただ皇室からいただいたお金で返済するのではないそう。

私はお金を返してほしいという気持ちが一番ですが、皇室が用意したものではなく、小室さんたちが汗水たらして働いたお金で用意するのが好ましいと思っています

【引用元:週刊女性PRIME】

あくまでも小室さんと佳代さんが働いたお金で返してもらいたいと語っています。

ネットの声

1、小室母の愛人さんは、付き合っていると思い善意のお金を渡した、将来の結婚か何かを期待して。
2、小室母は、単に金づるとして利用した。(結婚詐欺師的)
3、愛人さんはご立腹。週刊誌にネタを売った。(報復措置)

と私は感じています。 
悪意があるのはどっち??? セコイのはどっち??? でしょうかね。

小室圭さんがこのことを知っていて、この金で大学へゆき、返金しないなら悪意の共犯と感じるんですが。

ゴシップの情報で たらればでのコメントでした 汗

彼の言っている事が事実なら、そりゃフザケルナとも思うでしょ、、。

婚約していたはずの相手に、まるで金目的だったかのような別れられ方をされ、その上、そんな都合いい生き方するんだったら、再三要求してる返金くらいキチッとしろよとも言いたくなるでしょ??

本人たちに言ってもダメなら訴訟起こすか、リークするかしかないなという気持ちはわかります。
今回の結婚延期は、宮内省は「その件とは関係ない」とは言っていますが、ちょっと棚上げにしたいという意図は含まれているのでしょうね。

恨みはなくても皇族と結婚して莫大な支度金が入るとなれば
誰でも返済をせまるのでは?

【引用元:yahoo知恵袋】

小室さんの母親だけではなく、この男性を責める意見も多々見られました。

国民の税金が小室さんのお母さんの借金に当てられるのが許せないと言うのも・・・

スポンサーリンク

まとめ

【出典;週刊女性PRIME

今の状態ですと結婚は無期延期の状態です。

一番の被害者はこの婚約者でも、小室さんでもなく眞子様です。

しかし、考えようによっては、この元婚約者の方が金銭トラブルを騒いでくれたおかげで眞子様は結婚後のお金のトラブル、例えば持参金が使い込まれてしまうことは防げたのではないかと思います。

できれば眞子様にはなにも金銭トラブルの心配もない身分相応な方に嫁いでくれることを望んでいます。