韓国籍男女チョ・キボムとイ・ヘェヨンの顔画像と動機はこちら。大阪市ドン・キホーテで医薬品を大量に万引き逮捕!

シェアする

大阪市のドンキホーテでチョ・キボムとイ・ヘェヨンの韓国籍の男女2人が万引きをしました。

彼らの驚きの動機が明らかになる?

スポンサーリンク

事件の概要

【出典;テレ朝

大阪市の量販店で医薬品を大量に万引きしたとして、韓国籍の男と女が逮捕されました。被害は1100点以上に上ります。
 
 韓国籍の趙起範(チョ・キボム)容疑者(25)と李慧軟(イ・ヘェヨン)容疑者(29)は9日、大阪市中央区の「ドン・キホーテ道頓堀店」で医薬品52点、約12万円相当を万引きした疑いが持たれています。警察によりますと、2人は同じ店で一日7回、万引きを繰り返し、盗んだ商品は滞在先のホテルに持ち込んでいました。被害は1100点以上、約152万円に上ります。2人は容疑を認め、李容疑者は「日本や母国で転売するために盗んだ」と話しているということです。【引用元:テレ朝】

両容疑者のプロフィール

名前 趙起範(チョ・キボム)

年齢 25歳

職業 自称会社員

住所 韓国

名前 李慧軟(イ・ヘェヨン)

年齢 29歳

職業 自称自営業

住所 韓国

2人の顔画像は?

【出典;テレ朝

チョ容疑者の顔画像。カメラを睨み付けていますね。

イ容疑者の顔画像はありませんでした。

スポンサーリンク

2人の万引きの動機は?

【出典;テレ朝

まず万引きしている点数なんですが1100点以上です。

一日7回万引きをしていたというからには、カバンがいっぱいになったらホテルに戻ってまたで直しをしていたのでしょうね。

内容は医薬品が殆どです。

まさか自家消費ではないでしょうと誰もが思うはず。

これらの商品は彼らが泊まっているホテルから押収されたもので、もしかしたら既に母国に送ってしまったものもあるかもしれませんね。

自白によりますと、「母国や日本で転売をするため」とのことです。

ただ日本で販売するには、日本語能力、日本の住所などが必要となるため、もしかしたら協力者がいたかもしれません。

因みに韓国や中国では日本の医薬品は人気があり、日本で売られている金額の倍します。

しかし辛いものを食べている韓国人は消化不良を起こす方も多いらしく、日本の大田胃散は人気で韓国人が買っていくお土産のベスト10に入るほど・・・

だからといって万引きしてはいけません。

もしかしてイ容疑者は自称自営業と言っていますが、万引きで得た商品を売っているネットショップの店主ということでしょうか?

被害にあったお店は?

大阪のミナミの街の中にあり、深夜でも人の出入りが絶えません。

そんな場所で大量に万引きをしたということは、もしかしたらお店側も以前から万引きの被害の多さに警備を厳重にしていたかもしれませんね。

それにしても捕まってよかったです。

スポンサーリンク

ネットの反応

このニュースは母国でも配信してもらいたいね。【引用元:yahoo】

かの国は自国にとって不利益な内容は100%配信はされないのでしょう。

これだけ多量に盗まれるまで店側は気付かなかった!。【引用元:yahoo】

店側も気がついたから警備を強めていたのではないでしょうか?

まとめ

韓国では現在、不景気で若者の仕事がなく日本で仕事を得ることを国全体が推奨している雰囲気ですが、このように悪いことをするためにくるのなら来て欲しくないですね。

この2人の若者は自分の国でも同じようなことを行なっていたのでしょうか?

交通費を使ってホテルまで泊まって日本に来てまでする万引きだったのでしょうか?

インバウンドウエルカムばかりではありませんね。

日本ももう少し警戒したほうがいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク