桜井聖哉容疑者(22)ら【顔画像、犯行現場あり】金属バットで強盗。男性を殴り死亡させる

シェアする

昨年12月6日、埼玉県志木市の路上で無抵抗の男性をいきなり金属バットで殴り男性のリュックサックなどを奪った事件で、埼玉県警は2日 桜井聖哉容疑者(22)と菅原佳祐容疑者(22)の2人を再逮捕しました。

男性はその後病院で死亡しています。

スポンサーリンク

事件概要

男性を金属バットで襲って死なせたなどとして、埼玉県警は2日、いずれもさいたま市桜区の建設作業員菅原佳祐(22)と無職桜井聖哉(22)の両容疑者=別の強盗致傷罪で起訴=を強盗致死の疑いで再逮捕し、発表した。

容疑について菅原容疑者は黙秘し、桜井容疑者は認めているという。

発表によると、2人は昨年12月6日未明、埼玉県志木市で、歩いていたタクシー会社員桜井俊克さん(63)の頭部を後ろから金属バットで殴り、リュックサックなどを奪った疑いがある。

同11日に桜井さんが勤務する会社から「出勤していない」と110番通報があり、県警などは自宅で倒れている桜井さんを発見。

桜井さんは病院に運ばれたが外傷性脳挫傷で同14日に死亡した。

 また、この事件の直前に約1キロ離れた同県新座市の路上で男性(58)の頭をバットで殴って2~3カ月の重傷を負わせ、約4万円入りのバッグを奪ったとして強盗致傷容疑でも再逮捕した。

 2人は12月6日にさいたま市中央区で解体作業員の男性を、さらに同市大宮区で別の男性を、それぞれ同様の手口で襲ったとして強盗致傷の罪で起訴されている。

引用元;朝日新聞DIGITAL】

もし仮にこの2人が犯人だとしたら、いきなり無抵抗の男性を襲うなんて、この2人には人間のが無いみたいですね。

またその直前にも別の男性を襲い現金を奪っていており、立て続けの犯行の容疑がもたれています。

22歳という若さで、仕事時間もたくさんあるのに強盗をするということを選んだことに無償に腹が立ちます

容疑者の顔画像特定か?

名前 桜井聖哉

年齢 22歳

職業 無職

【出典;テレ朝ニュース

名前 菅原佳祐

年齢 22歳

職業 建設作業員

菅原容疑者の画像は公開されていませんでした。

スポンサーリンク

事件現場

埼玉県志木市

【出典;テレ朝ニュース

明るく見通しのよい道路

【出典;テレ朝ニュース

タダ、夜間は暗く人通りが少ない

【出典;テレ朝ニュース

路上には血痕が残っています。

ネットの反応

金属バットで頭部を打ったら死ぬことぐらいわからないのかな?それともリュックの4万円を奪うことがそのタクシー運転手の命よりも貴重だと思ったのかな。社会のゴミですね

【引用元;yahooニュース】

いつも思うんですが、決して金額ではないですけど、何千円、数万円のお金を奪うのに、人を殺すなんて理解できない
すぐなくなって、またターゲットを探すのですか?
しかも弱い人を狙って
銀行なりなんなり何千万とか狙う度胸もない、小さい奴

【引用元;yahooニュース】

情状酌量の余地無し。
金属バットで殴るなどは殺人罪適用で当然である。
なおかつ余罪があるというのは、極刑でも構わないだろう。

【引用元;yahooニュース】

どうして いとも簡単金属バットで人を殴るという行動に出るのかわかりません。

金属バットで殴れば死んでしまうかもしれないと言う方に意識がいかないのか?不思議です。

もしこの2人が容疑者ならば、「自分たちは捕まらない」とでも思ったのでしょうか?

ただ路上を歩いていただけで襲われた被害者の恐怖、苦しみ、痛みは計り知れないものがあります。

被害者の冥福をお祈りするのと同時に一日でも早く犯人が捕まってくれることを心から願っています。

スポンサーリンク