『眞子様婚約破棄か』に結婚延期に見える宮内庁の困惑。小室 圭さんの母が原因か?

シェアする

眞子様と小室さんの結婚式が延期となりました。

婚約破棄ではないか』かともとられる措置に、原因は小室さんのお母さんの金銭トラブルが問題ではないかと囁かれてきました。その真相はいかに?

スポンサーリンク

事の経緯

異常事態だ。秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と法律事務所勤務の小室圭さん(26)の結婚式が2020年に延期となった。

6日、宮内庁が発表した。

 一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」を来月4日に控えるなか、突如発表された一報に違和感を禁じ得ないのは皇室担当記者だ。

「8日発売の『女性セブン』(小学館)がスクープ予定であることがわかり、この日の午後、各社の皇室担当記者が宮内庁に集められ、“レク”と呼ばれる状況説明を受けました。

宮内庁の加地隆治宮務主管は延期理由について『準備不足』を挙げましたが、表情は堅く、原因がほかにあることは明白でした」  本当の原因と聞いて思い浮かぶのは、週刊誌で立て続けに報じられた小室さんの金銭トラブルだ。

昨年12月に真っ先に報じたのは「週刊女性」(主婦と生活社)で、小室さんの実母が元婚約者の男性に400万円以上の借金があるというもの。

今年に入り「週刊文春」「週刊新潮」も後追いしている。

「小室さんの学費や留学費用もその男性が工面していたが、あくまで“貸した”という認識。

婚約解消後、小室親子に返済を迫ると、2人は『お金は贈与に当たる』と繰り返し、男性の連絡を無視するようになった。

週刊誌では男性の知人が話していることになっていますが、告発したのは男性本人です。取材にはペラペラ答えるそうですよ」とは週刊誌記者。

【引用元;TOKANA】

この「裏レク」の後、取材者が宮内庁の関係者に本当の話を聞きたいと迫ったところ、『察してください』と言われたといいます。

ということはやはり結婚破棄ではないかという話が知れ渡ったそうです。

可哀想なのは、眞子様小室さん

小室さんは、婚約延期の話が出てすぐに宮内庁に『話したい』と申し出たそうですが、断られたそうです。

「準備不足」で「週刊誌の話は関係ない」といいますが、皇室でも毎日のように週刊誌の皇室記事は、美智子様そして皇族の方も目を通していると言うこと。

やはり眞子様の周囲の方が胸を痛めているのを眞子様は察したのではないでしょうか?

もし眞子様、小室さんの2人が原因でなく『結婚延期』になったという事が本当だとしたら、とても悲しいことです。

スポンサーリンク

原因と考えられる小室さんの母

【出典;週刊女性PRIME

小室さんの母には現在2つの問題があると言われています。

金銭的トラブル

約10年前から竹田さんという男性は小室さんの母と知人の紹介で付き合いことになりました。

竹田さんは小室さんの母をパート先に車で送ったり、小室さんの進路相談にのってあげたり、小室さんの母と旅行に行ったりして、その後婚約。

小室さんの母と竹田さんの婚約の日を境に小室さんの母の金銭の無心が始まります。

小室さんの大学の入学費用授業料そしてアメリカへの留学費用アナウンス学校の授業料、そして生活費の工面まで頼まれ渡したお金は400万を超えると言います。

その後竹田さんは「私は財布じゃない」と別れを切り出し、そこで今まで支払ったお金を返して欲しいと伝えたところ、小室親子は『贈与なので返す必要が無い』と突っぱねてしまいました。

そこで今、トラブルになっているのです。

霊媒師の存在

小室さんの祖母がリューマチで精神的にまいっていた時に祖母を支えたのはある霊媒師でした。

その霊媒師が所属する団体に小室さんの祖母、そして両親、そして小室さん自身も入信しています。

この団体ですが、元信者が『悪魔に取り付かれている』と遺体を解体するなどの凄惨な事件を起こしています。

これらのほかにも愛人ニお金を貢いでいたなど、問題が泊まらず、連日のように小室さんの母が勤めるお店にも取材陣が押しかけ、現在小室さんのお母さんは仕事に来ていないとのこと。

まとめ

【出典;週刊女性PRIME

現在眞子様は公務に出る以外ひきこもり食欲も減退してしまったそうです。

こうなってくると益々『婚約破棄ではないか』と思えてきてしまいますが、一番の被害者眞子様ではないでしょうか?

しかしこの先、小室家に嫁がれた場合に想像できるのが眞子様の宗教グループの入信小室さんの母による持参金の浪費などが考えられるのではないか?

まだ婚約破棄とは決まっていないですが、眞子様にも現在の状態だけでなく将来も見据えた結婚をしていただき幸せになってもらいたいと思いました。

スポンサーリンク