【恐怖】目が覚めたら自分の顔の上に女性の顔があった

シェアする

昼寝の途中、目が覚めたらそこに女性の顔があった・・・

自分の顔をじっと動かずに見ている。

しばらく自分も彼女の顔を見ていたらいきなりが開いて・・・

昼寝をして目を覚ましたら、女性の顔があった

【出典;steve feasey

これは三重県の会社の同僚S君から聞いた話です。

今から10年も前のことなんですが、S君はお盆休みに奥様の実家の三重に行きました。

旅の疲れも出たのでしょうか。

到着後、眠くなり仏間に布団を敷いてもらいそこで一人寝ることにしました。

あまりの暑さで目を覚ましたそうですが、目を開けたらそこにがあったそうです。

詳しく言うと知らない女性がS君の頭のてっぺんのほうに座っており、を下に曲げて上からS君のをじっと見てます。

体が動かない

寝ぼけまなこで、でも見ているのかと思い、を擦ろうとしたが手が動かない。

そしてその女性は、白い着物を着ており黒い髪は長くS君の顔にだらりと下がり、時折髪が顔に当たった。

若い女性で顔の色がの様に白く、こけしのように目が細く、無表情で顔を見ていたそうです。

この世のものではない!!

と思ったそうでを閉じてみたのですが、女性の顔は何故かくっきりと見えている。

女の口が裂けた

どれくらい時間がたったかわからないそうですが、突然外での鳴き声が聞こえました。

すると体がふと楽になったような気がしたので「お前は誰だ!!」とS君は喉からではなく、から声を振り絞り怒鳴ったそうです。

するといきなり女性のがグワっと大きく開きました。

「口の中がすごく赤かった。真っ赤でのように赤い。とにかく赤かった」とS君は印象に一番残っているらしく何度も繰り返して言う。

も飛び出さんばかりに見開いたそうですが、目よりもとにかくのほうが印象に残ったそうです。

そして下あごが裂けたようにどんどん広がっていって呑みこまれると思った瞬間にぱっと消えました。

「わーーーーーっ」とびっくりして布団から飛び出して部屋の外を見回したのですが、以前と何も変わっていなかったとのこと。

ただ、不思議だったのはその女性が来ていた間、がないんだよね。

あんなにがうるさいなあと思っていたのに、あの時はが無いんだよね。

が鳴かなかったら自分はどうなっていたんだろう?と話していました。

その後

S君はお盆のたびに奥様の実家に帰っていますが、仏間では絶対寝ないそうです。

そして奥様にこのお話をしたそうですが、「でも見たんじゃないの?」と笑われて相手にされないそうですが、いったいなんだったのでしょうか?