マクドナルドで500人以上が食中毒に!原因はサラダに付いた寄生虫か?

シェアする

米マクドナルドで大規模食中毒が発生しました。

被害者は500人を越えます。

原因はサラダのレタスと言うことですが、原因を詳しく説明します。

スポンサーリンク

事故の概要

(CNN) 米食品医薬品局(FDA)は23日、マクドナルドのサラダが原因と思われる胃腸疾患に関連して、507人の感染が確認されたと発表した。

検査の結果、507人全員が胃腸疾患のサイクロスポーラ症と診断され、うち24人は入院しているという。

米疾病対策センターによると、食中毒は5月20日~7月21日にかけて発生し、ニューヨークなど16州で患者が確認された。このうちニューヨークなど4州の患者はいずれもイリノイ州を訪れた際にマクドナルドのサラダを買い、フロリダ州の患者はケンタッキー州で問題のサラダを買っていた。

CDCは、「疫学的証拠から判断すると、マクドナルドから買ったサラダが感染源だった公算が大きい。引き続き調査を続け、FDAはマクドナルドのサラダに共通していた材料の特定に当たっている」と説明した。

サイクロスポーラ症は寄生虫を原因とする胃腸疾患で、食品や水を摂取することで感染し、1週間以上たってから下痢などの症状が出る。症状は数日から数カ月続くこともあり、回復と悪化を繰り返す場合もある。寄生虫は抗生剤で対処できる。

マクドナルドは7月に、食中毒との関連が疑われたサラダの販売を約3000店で中止し、材料の調達先を切り替えていた。

その後の調査で、マクドナルドが販売していたサラダのロメインレタスとニンジンから寄生虫が見つかった。

7月27日には業者が卸売り用に販売していたレタスのリコールを発表している。【引用元:CNN.co.jp】

今回原因になっている病気は?

サイクロスポーラ症と言う病気です。

日本ではちょっと聞きなれない病名ですね。

厚生労働省のHPによりますと

寄生虫が移ることによって発症する病気とのこと。

人から人へと移ることはなく、汚染された食品を食べたことにより、感染します。

感染してから、症状が何もないのが2日から2週間くらい続いたあと、下痢になり、時には発熱嘔吐を伴う模様です。

治療するには寄生虫を殺さなくてはならず、駆虫剤を飲むことになります。

予防するには、よく火の通った食べ物を食べると言うくらいでワクチンなどはありません。

今回火を通さないサラダを食べて感染しました。

おもにこの病気は、熱帯や、亜熱帯でよく起こる病気ですが、現在は国際化と言うことで、人やものが動き回るので、熱帯の地域でもない場所で発症しています。

スポンサーリンク

ネットの声

アメリカだけに補償や賠償金が凄いことになりそう。【引用元:yahoo】

そうですね。アメリカは裁判の国だから

問題はその後、販売再開後提供されるサラダは、消毒剤でヒタヒタになったものになるのかな。【引用元:yahoo】

カッとサラダもひたひたにされていますが、やはり食中毒が怖いので消毒薬にはつけるのではないでしょうか?

マックに限らず、外食の生ものは結構怖いよ。消毒が不完全だったら一発アウトだからね。【引用元:yahoo】

世の中完全なんてものありませんよね

マクドのサラダまた復活してくれたら毎回買ったのに、海外とはいえこんなことがあると日本での復活は無いな【引用元:yahoo】

日本に響きませんように!と思っている株主もいるのではないでしょうか?

今年はマクドナルドは好調ということですし。

スポンサーリンク