メルカリで振袖大量出品。もしかして・・・?被害者『私の着物、見つけたら連絡して』

シェアする

着物のレンタル・販売を行っていた「はれのひ」が閉店になった。

その2ヶ月前からフリマ・アプリのメルカリ大量の振袖が出品されていたという。

これはもしかしたら・・

スポンサーリンク

閉店の2ヶ月前から振袖の大量出品

【出典;BUSINESS INSIDER

閉店の2ヶ月前から大量の着物を出品していたアカウントがいくつかあったという。

その中の一つは、個人と言うものの70品目の草履、振袖、帯を出品。コメントには写真撮影用に数時間使用しただけの美品と書いてあった。

その多くは買い手がついていたが、すべてが売り切れてしまう前の9日の午後6時半には画像が全て消去されてしまったという。

これに対してTwitterでは問題の商品と関連があるのでは?の声が出てきた。

メルカリの対応

メルカリは現在、このアカウントの出品を非公開にし、ホームページにて「メルカリに出品しているのは『はれのひ』の関係者ではないか」という報道について言及している。

今回の騒動について、現在はまだ事実確認が出来ておらず調査中である。

そして、疑いのあるアカウントは、個人の出品とは思えない大量出品法人の可能性がある。

メルカリは法人の利用を禁止しているので「はれのひ」と関わりが有る無しに関わらず、出品を非公開にさせていただいたという。

今後、「はれのひ」の関係性および、出品されていたものの入手先を調査していくと言うことである。

スポンサーリンク

私の振袖を見つけたら連絡して!

ネットでは振袖が手元に届かなかったと思われる被害者悲痛な声がいくつも載っている。

着物の写真とともに、見つけたら連絡してくださいと連絡先まで記入されている。

しかし、出品のものが非公開となってしまった今では、探すのが容易ではないだろう。

メルカリは犯罪の温床?!

メルカリは不要なものを売るのには大変便利なアプリとして今や知らない人がいないくらい知れ渡っているが、考えようによっては犯罪温床にならないともいえないだろう。

が見えない販売、そして出所のわからない商品が平然と売られ、またいい加減な住所や、身分を偽って出品する恐れも出てきている。

これを防ぐには、購入する際出所問い合わせたり、評価参考に購入するしかないのだろうか?

今までに増してメルカリ側の対応もこれからは重要になってくると思う。

スポンサーリンク