パワハラはどっち!?宮川紗江、所属契約を解除される。ネットでは所属先がパワハラでは?の声

シェアする

体操女子の5輪代表選手で最近パワハラ騒動の渦中にいた宮川紗江が現在、練習が出来ないピンチを迎えています。。

22日,宮川は所属先のレインボーから契約解除を言い渡されてしまったのです。

この契約解除に対しネットからは「どっちがパワハラ?」の声が出ています。

スポンサーリンク

体操女子で16年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(18)が22日、所属先のレインボーから所属を解除された。今年5月にレインボーと20年8月末までの契約を結んでいた。

 宮川は、自らへの暴力行為で日本協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)について21日に「パワハラとは感じていない」などと見解を発表。日本協会から練習場所の提供と、日本協会専任コーチによる指導を提案されているが、速見コーチの指導を引き続き望む意向を示している。今後の所属先は決まっていない。【引用元:日刊スポーツ】

宮川選手のプロフィール

名前 宮川紗江(さえ)

年齢 18歳(1999年(平11)9月10日生まれ)

出身地 東京都西東京市

2歳から体操を始める。14年からナショナル入り。14年ユース五輪種目別跳馬銅メダル。15年世界選手権床運動4位、団体5位。16年リオデジャネイロ五輪団体4位。149センチ。血液型B。(引用:日刊スポーツ)

【出典;日刊スポーツ

スポンサーリンク

パワハラ騒動とは?

宮川紗江(18=レインボー)を指導する速見佑斗コーチ(34)が宮川を指導する際、頭を叩いたり、髪の毛を引っ張ったり、馬乗りになって指導する行為が繰り返し行なわれているのがわかりました。

そこで聞き取り調査を行なったところ、コーチ本人が事実確認をしたという。

そこで速水氏は無期限で体操界の登録抹消処分に至った。

しかし、選手の宮川は、パワハラとは思っておらず、現在も速見コーチの続行を望んでいるとのことです。

今回どうしてレインボーが契約を解除したのか?

真相はわかっていません。それまでは

「どういう形の支援になるか分からないが、日本協会と話し合い、これからも応援していきたい」とした。【引用元:日刊スポーツ】

と話していたのに、いきなりの契約解除。

何か行き違いがあったかもしれませんね。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

これって問題のコーチとコーチを支持する選手も一緒に出て行ってくれって事かよ【引用元:yahoo】

パワハラのパワハラ?【引用元:yahoo】

今回の騒動で、体操界も閉鎖的な体質なのだろうか?と思ったよ【引用元:yahoo】

え?これはなぜ、、
一刻も早く真相究明しないと、
選手が可哀想すぎる【引用元:yahoo】

このニュースだけ読んだところ、なぜ急にオリンピックを目前にして契約解除に至ったのかがわかりませんでした。

そこをはっきりとレインボーさんが発言していただけないと国民は納得しないのではないのでしょうか?

宮川選手は日本の体操界を背負って立つ選手だけに今回の騒動はとても残念に思えました。

スポンサーリンク