仮想通貨を高校生がウィルスを使い不正入手。容疑者は17歳『意図的にやったことではない』

シェアする

またしても仮想通貨に関する事件が起きてしまった。

高校3年生が、仮想通貨を不正入手できるウィルスを作成し、東京都江戸川区の男性の仮想通貨を不正に引き出した疑いがもたれている。

本人は意図してやったわけでないと容疑を一部否認していますが、もし彼が犯人だったとしたら、およそ1万5千円分のモナコインを不正に入手しておいて今更「ふざけるな!」といいたい。

スポンサーリンク

事件の真相

 インターネット上の仮想通貨の移動に必要な「秘密鍵」と呼ばれるパスワードを不正入手するウイルスを作成し、不特定多数の人がダウンロードできる状態にしたとして、愛知県警北署は30日、大阪府貝塚市の高校3年の少年(17)を不正指令電磁的記録作成・同供用容疑で逮捕した。

狙われた仮想通貨は「モナコイン」。実際にモナコインが引き出される被害が出ており、北署は電子計算機使用詐欺容疑も視野に調べを進めている。

 逮捕容疑は昨年10月10日ごろ、モナコインを管理するウォレット(専用口座)から別のウォレットに通貨を移動させるために必要なパスワードを盗み取るウイルスを自宅で作成し、インターネットの掲示板に投稿したとしている。少年は「意図してやったわけではありません」と容疑を一部否認しているという。

 北署によると、問題のウイルスは、モナコインの利用者が閲覧する電子掲示板で、通貨相場をリアルタイムで見るためのソフトと装って紹介されていた。

 東京都江戸川区の会社員男性(31)が少年の投稿直後にダウンロードした。その後に掲示板で警戒を呼びかける書き込みが相次いだため、自身のウォレットを確認すると、保有していた170モナコイン(当時のレートで約1万5000円相当)がなくなっていた。

 北署は少年が男性のモナコインを不正に引き出した疑いもあるとみて調べている。

 モナコインは日本発の仮想通貨で、昨年10月から日本の大手取引所でも取り扱いが始まった。当初の取引レートは1モナコイン数十円だったが、昨年12月には1モナコイン2000円超となるなど高騰している。

【引用元;毎日新聞】

高校3年生がウィルスを作成していたということですが、先日話題となりましたホワイトハッカーのみなりん*を思い出しました。

17歳女子高生で天才ハッカーで不正流出を追跡しているということでした。(結局は女子高校生ではありませんでしたが)

今回も高校生ということで、このようにウィルスを作れるということは今の高校生は相当パソコンの知識があるということですね。

「意図的ではない」と容疑を否定しているようですが、意図的ではないとなるとコンピュータが勝手に仮想通貨を引き出しているということでしょうか?

もし仮にこの高校生が本当に罪を犯していたとなると、掲示板に自分で不正に引き出すウイルスを仕込んでおきながら、自分は知らないでは済まされません。

【出典;東海テレビ

【出典;東海テレビ

容疑者について

高校生なので名前顔画像、学校名の公表はありませんでした。

わかっていることは、大阪府貝塚市高校生17歳

きっとパソコンのプログラミングとかが得意なんでしょうね。

スポンサーリンク

仮想通貨「モナコイン」とは

【出典;Monappy

有名なアスキーアート『モナー』をモチーフにした日本初の仮想通貨です。

ビットコインより手数料が安く送金も早いということで、日本でもじわじわと人気が出てきております。

コインチェックのような取引所を通さずに、種類の違うビットコインともユーザー間で取引を行うことも出来、とても便利です。

またモナコインは日本でビットコインについで使える場所が多いです。

現在、仮想通貨は種類が1000種類近いのですが、殆どが開発途中ということでつかえる場所が非常に少ないですが、モナコインはカフェパソコンショップ美容クリニックなどで使うことができます。

今後は更につかえる場所が増えるでしょう。

まとめ

現在、小学生からパソコンの授業があるといいますが、高校生になる頃には相当な知識をもつことになるでしょう。

もし仮に容疑者の少年が本当に犯罪者だとしたら、その知識を間違った方向に使ってしまい、勿体無いですね。

パソコンの知識はいまや就職の武器になる時代となっていますが、今回の高校生はそれを活かすことなく逮捕となってしまいました。

高校3年生ということで進路もそろそろ決まっていたはず。

この先、更生し一日でも早くこの知識を仕事に活かしてもらいたいと思いました。

スポンサーリンク