【最新追記あり】堀口妙子の顔画像、猫の不衛生な飼育環境とは?猫23匹を虐待の疑いで逮捕!!

シェアする

いままで何度か猫や犬の多頭飼育で、行政から飼い主指導を受けたり、裁判になったりしましたが、今回の飼い主は逮捕となりました。

猫を23匹を自宅で飼い、汚物を放置不衛生な環境虐待した罪堀口妙子容疑者が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の概要

神奈川・川崎市麻生区のマンションの一室で、不衛生な環境でネコ23匹を飼育し、虐待した疑いで、62歳の女が逮捕された。
動物愛護法違反の疑いで逮捕されたのは、住所不定・堀口妙子容疑者(62)。
堀口容疑者は2017年12月、川崎市麻生区に借りたマンションの一室で、ネコの排せつ物などがたまった不衛生な状態でネコ23匹を飼育し、虐待した疑いが持たれている。
堀口容疑者は、ネコに餌は与えていたものの、糞尿を処理することなく、2017年12月に動物愛護施設によって保護された際、23匹のうち1匹は、ケージの中で死んでいたという。
警察は、くわしい経緯について、堀口容疑者を追及することにしている。

【引用元;FNN】

物言わぬ動物ゆえの事件です。

23匹も飼うのは大変です。

私も猫を飼っていますが一匹でも飼うのが大変です。

2から3日トイレを片付けなかっただけでも排泄物の匂いが部屋中に充満します。

堀口容疑者は何日も排泄物を放置したので住民から苦情が出ていたそうです。

23匹の猫も近所の人もとんだ災難です。

スポンサーリンク

堀口容疑者の顔画像とfacebook

【出典;TBSニュース

捜査員を睨みつけているのでしょうか?

【出典;TBSニュース

顔も隠そうとはしません。

自分は捨て猫を拾って餌をあげていただけ。これは虐待ではないと容疑は否認しているとのこと

名前:堀口 妙子(ほりぐち たえこ)

年齢 62歳

職業 自称デザイナー

住所 不定

facebookは該当する人がいませんでした。年齢的にやっていないかもしれません?

自称デザイナーと言うことはお仕事があったということですね。いったい何のデザインをしていたのでしょうか?

しかし、住所不定なのに川崎区麻生区のマンションって、どういうことでしょうか?

猫の飼われていた様子

【出典;TBSニュース

猫を保護した方がいうには

踏み込んだ時には1匹は既に死んでいた。

そして部屋には排泄物の強烈な匂いで充満していた。

ケージと言うケースの中で身動きが取れない状態だったそうです。

紙皿の餌を食べた後にそこにおしっこをして、自分の周りを出来るだけ汚さないように生活していたとのこと。

きっと聞こえない悲鳴をあげていたんでしょうね。

可愛がってもらえるとやってきたのに、餌だけあげて排泄物はそのまま。

勿論外にも出さない監禁状態

動物愛護施設では、今度こそ良い飼い主に恵まれるといいです。

猫を飼っていたマンション

神奈川県麻生区

【出典;Google Map

麻生区は広すぎて場所が良くつかめませんでした。

FNN

玄関はしっかりしているようです。公営住宅ではない?

【出典;FNN

3階建てマンションの一番左の部屋が堀口容疑者が借りていた部屋

スポンサーリンク

動物愛護法とは

【出典;NEWセブン

すべての人が「動物は命あるもの」であることを認識し、みだりに動物を虐待することのないようにするのみでなく、人間と動物が共に生きていける社会を目指し、動物の習性をよく知ったうえで適正に取り扱うよう定めています。

【引用元;環境省】

基本原則からは外れていますね。

命あるものを認識せず、人間と動物がともに生きていける社会を目指さず、習性をまったく無視して飼育していましたと思います。

猫はトイレが汚いとトイレを使わずに、別のところで用を足します。

またきれい好きというのもあって、トイレが汚いばかりに我慢して泌尿器系に疾患を起こす猫もいます。

飼い主の責任としましては・・・

動物の飼い主は、動物の種類や習性等に応じて、動物の健康と安全を確保するように努め、動物が人の生命等に害を加えたり、迷惑を及ぼすことのないように努めなければなりません。

また、みだりに繁殖することを防止するために不妊去勢手術等を行うこと、動物による感染症について正しい知識を持ち感染症の予防のために必要な注意を払うこと、動物が自分の所有であることを明らかにするための措置を講ずること等に努めなければなりません。

なお、動物の所有情報を明らかにするためにマイクロチップなどの装着を推進しています。

【引用元;環境省】

マイクロチップはともかく、動物の健康や安全を確保できていないどころか、周囲の人間の健康さえ脅かしています。

不妊手術もしていないでしょう。

そして糞尿で汚れた不衛生な床は感染症の元になるという認識も堀口容疑者は持っていなかったのではないでしょうか。

罰則として・・・

以下の人には100万円以下の罰金が処されます。

愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること。

自己の飼養し、又は保管する愛護動物であって疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと。

排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であって自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行った者。

ということは、堀口容疑者は動物愛護法の罰則に適用されるのではないでしょうか?

ネットの声

猫が可哀想だ。周辺住民も迷惑だったろうなあ

「優しさ」は、いっときの感情に流された
場当たり的な行動であってはならない。
自分に出来ることと出来ない事を見極めて
責任の持てる範囲のことをするべき。

それが出来ない人は優しい人かも知れないけれど
同時に酷い人でもある。

精神疾患から猫を集めて結局世話ができずに、生活も破綻してたんだろうね。単純に猫を虐待してたわけじゃないから、行政も状況を見極めて解決してほしい。犠牲になるのはいつも弱者や動物ばかり。

マンションのオーナーさん……

処理… 大変だろうなぁ……

現状回復の費用 請求しても……

【引用元;yahooニュース】

今回は猫とマンションのオーナーの方への同情、そして飼い主の女性に対する憤りのコメントが目立ちました。

毎月一回は報道される猫や犬の飼い主の無責任な虐待のニュースですが終わることはないのでしょうか?

今後飼い主に責任を持たせるように行政からの規制も必要ではないでしょうか?

物言わない弱い立場の動物がこれ以上犠牲にならないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク