【日本のミカタ】反論!実習生「残業代払って」…賃金・人権保護に課題に疑問!

シェアする

現在、海外から押し寄せる実習生の給金について問題が起きていますが、なんか問題を履き違えているようで一言、言わずにはいられず書くことにいたしました。

実習生ってそもそも・・・

記事の見出し

外国人労働者の受け入れを拡大する新制度では、賃金の未払いや人権侵害が懸念されている。外国人技能実習制度で同様の問題が相次いでいるためだ。政府は、法務省の外局として「出入国在留管理庁」を設置し、受け入れ先の企業への監視を強める方針だが、どこまで実効性があるのかは見通せていない。

 「残業代をきちんと払ってくれない。助けてほしい」。東北地方の縫製会社で子供服作りなどに携わっていたベトナム人実習生の30歳代女性は今年3月、不当な扱いを受けた外国人労働者を支援する「全統一労働組合」(東京)に駆け込んだ。

 女性は2016年5月に来日。正規の勤務時間は午前8時20分から午後5時20分までと説明されていたが、実際は午前7時から午後9時~同10時まで。ところが、給与明細の残業代が「ゼロ」の月もあった。

 同組合が確認したところ、女性の残業代の大半は「内職代」として計算され、時給ではなく正規の労働時間外に作った服の数に応じて出来高払いで支払われていた。会社は、内職代として数万円が入った封筒を毎月女性に渡していたという。同組合が女性の証言に基づき計算したところ、未払いの残業代は200万円以上に達した。現在支払いを求めて会社と交渉している。

【引用元:読売新聞】

これを読むと、なんてひどい国なんだ日本は!なんて思いますよね。

私からすると「この記事を書いた人は実習生を理解しておらず、一方的に実習生側にたって記事をかいていないか」と納得できません。

確かにブラックな企業もありますが・・・

そもそも実習生とは?

外国人技能実習制度は、我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的としております。【引用元:厚生労働省】

発展途上国の方や他国の方に日本の技術を習得させるシステムです。

お金がたくさん儲かるとか、日本で就労のためとか、ここに参加したら自国の家族へ送金できますとか全く書いてないです。

またこのシステムは、あくまで実習つまり学習、研修のため。本来はお金をもらって勉強させていただくものですが、生活費【滞在に必要な居住の場所、食事など】は企業が補償、そしてそれ以外の諸経費は無しでは大変なので最低限ですが出させていただくというものではないでしょうか?

私自身、海外で研修生だった

私自身も海外で農業研修生だった経験があります。

参加しました組織の名前は伏せさせていただきますが、世界中に農業研修生を送り出している場所です。

そこでは渡航費、そして生活費、事務経費のため1年で130万円を支払いました。

研修生といっても座学とかは全く無く、ついたとたんに次の日から農作業に従事で他の従業員と変わらない仕事をしていました。

技術は日ごろの就労から盗んで池というもの。あれはどうのこうのなんて教えてくれるなんてことはありませんでした。

聞かなければ教えてくれません。

全ての経験をさせてくれるかと言えばそうではありません。

他のアルバイトで働いている方と同じ仕事、またはそれ以下の雑用とか、42度の灼熱の空の下、トタン屋根の上でペンキ塗りをしたとか、草刈をしたとか・・・技術習得には関係ない仕事のほうが多かった気がします。

朝は6時から始まり、夜は7時過ぎ・・・途中中休みはありますが・・・8時間どころじゃなかった気がします。

勿論残業代なんてありません。そしてディリーファームだったので週休1日もなく働いたこともあります。

月の給料ですが、月10万円そのうち4万円が税金で持ってかれました。

就労中、ワイヤーの巻取りで指がワイヤーに巻き込まれて指がつぶれたことがありましたが、病院に行って帰ってきてそのまま就労。

つぶれた指を庇うのですが、どうしても牛のお乳を拭くとき糞だらけの水が割れた爪と皮膚の間に入ってしみて痛かったのを思い出します。

でも働けませんといえば次の日から給料はストップ、仕事もなくなるので黙って働いていました。

あまりにもイジメがひどいときは、農場を変わったこともありますが、変わった途端にすぐ就労です。

おかしくないか?と思ったこと

今回のこのニュースを見て騒がれている方は、「実習制度について知らない人ではないか?」

またはいかにも日本と言う国は悪いことをしていると感じますが、じゃあ外国はどうなんだ?と思います。

そして今回、研修生になるためにすごいお金をかけてきたということですが、日本がそれほどのお金を要求したのかというとそうでもなく、結局ブローカーが要求したのではないでしょうか?

そもそも日本は研修生をとるためにお金を要求しているのか?

どうして日本を選んだのか?技術のためではなく、お金のためではないでしょうか?

どうして他国を選ばなかったのでしょうか?

そもそもこの記事を読めば日本から出て生活していない人間からすると、そのままスポンジが液体を吸うように真に受けてしまいそうですが、海外はもっとキツイ!と思います。

日本人だから、研修生でお金なくてもやっていけたなんていわれそうですが、私日本人ですが海外ではお金なくて草まで食べていましたので「日本人らしくない、一応日本人」でした。

この研修に出るために有り金、果たしていますから・・・そこまでして海外を見たかったのです。

サイトのまとめ

確かに研修生を受け入れている会社の中には悪徳企業も存在はすると思います。

そのような企業はどんどん取り締まっていただきたいと思います。

そして研修制度ですが、これ以上問題を出すようだったら

一旦、この制度をストップしてみてはいかがでしょうか?

本当の研修を行ってきたところは、研修生という立場を理解しているうえ、困らないと思います。

今後、移民が企業に就職する際にも必ず同じような問題は存在するのではないでしょうか?

「日本人と同じ給料が欲しい」

「たくさんのお金を出して移民になったのにお金が少ない」

そのような問題は必ず出ます。

その時、日本の政府はなんと答えますか?

日本人を納得させる答えが出せますか?と、聞いてみたいです。