大平聡容疑者 顔画像は?失業給付金を騙し取り、オウム後継団体『アレフ』に流用か?

シェアする

またしても詐欺の話題です。

失業給付金を騙し取り、オウム真理教後継団体に流していたという大平聡容疑者が逮捕されました。

大平容疑者は『アレフ』関係者とみられ、失業給付金約150万円騙し取った疑いがもたれています。

スポンサーリンク

事件概要

失業給付金およそ150万円をだまし取ったとして、オウム真理教の後継団体「アレフ」の関係者と見られる男が逮捕されました。警察は、この金が「アレフ」に流れた可能性があるとみて捜査しています。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、仙台市太白区の大平聡容疑者(56)です。警察によりますと大平容疑者は、実際には働いていたにも関わらず、2015年4月から2016年5月までの間に、ハローワークに失業していると嘘をつき、失業給付金あわせておよそ150万円をだまし取った疑いが持たれています。

 警察は、大平容疑者がオウム真理教の後継団体「アレフ」の男性幹部と月に数回会っていたのを確認しているということで、だまし取った金を「アレフ」に流していた可能性があると見て捜査しています。

【引用元;TBS NEWS】

大平容疑者の自宅

【出典;TBS NEWS

大平容疑者が接触していたと見られる『アレフ』の施設

【出典;TBS NEWS

働いているのならお金は多少あるのに、わざわざ失業保険の受給の手続きをし、不正に給付をしていたということですね。

しかもそれをオウムの後継団体に渡していたなんて、危険極まりない。

スポンサーリンク

オウム真理教後継団体『アレフ』

オウム真理教の麻原彰晃への信仰が特に強い信者によって、オウムが解散後再構成されている。

警察の介入、解散、衝突、逮捕など色々問題的行動があったのにも関わらず、麻原信仰に戻っている。

公安からは、テログループのごとく危険視されている。

今回そのアレフに不正に騙し取った失業給付金がながれているといいます。

問題を起こすときにその資金源となるのでは?と不安です。

大平総容疑者の顔画像は?

動画やfacebookから顔画像を探しましたが見つけることが出来ませんでした。

大平 総(おおひら そう)

56歳

仙台市太白区

まとめ

アレフが存在している限り、何らかの問題が起きるのではないでしょうか?

このような宗教団体は資金源を信者からの寄付で成り立っている。

寄付が無くなれば、宗教団体も成り立たなくなる。

そこで公安もアレフが信者を募るたびに、入信するのを控えるように声がけを行っている最中ですが、アレフのほうもヨガを前面に出したり、イベントを行ったりして信者を増やそうとしている。

信者は現在増加傾向でありますが、私たちの大切な失業給付金がこれ以上アレフに

流れないようにしてもらいたい。

スポンサーリンク