またか!?ユナイテッド航空。米国内線に乗せた犬が成田空港へ

シェアする

先日はユナイテッド航空の客室の上の棚にいれらせられた犬が志望し、ユナイテッドの体制が問題視されました。

まだその事故が頭に残っている現在に、今度はアメリカ国内線に乗せるべき犬を国際線に乗せてしまい成田空港に到着しました。

スポンサーリンク

犬もビックリ!?

アメリカの国内線に乗ったはずの犬。ところが到着したのは日本でした。

 シェパードの「アーゴ」は、飼い主と同じ便の「ユナイテッド航空」でアメリカのオレゴン州からカンザス州に向かっていましたが、経由地で別の犬と取り違えられました。到着先で飼い主に引き渡されたのは、全く違う種類のグレートデン。

 「シェパードとグレートデンは全く違い、全然似ていないのにどうしてこんなことが起きるのでしょう」(「アーゴ」の飼い主)

 ユナイテッド航空は飼い主に謝罪。シェパードの「アーゴ」は、成田空港からチャーター機に乗せられ3日ぶりに飼い主一家のもとに戻ることができました。【引用元:TBS】

何ともまあ、不思議な事故が起きましたね。

預けた犬とはまったく別の犬を受け取った買い主もびっくり。

乗り換え便で間違えて乗せてしまったということですが、成田空港に来るべきいぬはどうなったのでしょうか?

間違えられた犬

シェパードのアーゴ

【出典;TBS

見るからにシェパードです。

そして間違えられてしまった犬は・・・

【出典;TBS

全然違う犬!!

間違えようがないでしょう?中身を確認しなかったのでしょうか?

犬にも迷惑!!

買い主の女性は?

【出典;TBS

買い主も「どうしてこんあことがおきてしまったのか」困惑しています。

しかし、その後成田空港からチャーター便で乗せて帰ったそうです。

よかったです。

サイトのまとめ

貨物ではない 命あるもの もう少し慎重になってほしい

海外の航空会社の荷物の扱いはひどい。
荷物は出来る限り機内に持ち込む。貨物にするとどこに飛ばされるかわからん。【引用元:yahoo】

またもややらかしてしまったユナイテッド航空ですが、根本的にやりかたを替えたほうがいいのではないでしょうか。

今まではペットは荷物扱いでよかったのですが、この頃はペットは家族の一員という言葉があるように、ペットに対しても緩和して・・・という言う風潮が高まりつつある。

ユナイテッド航空はそういうことについては学んでこなかったのでしょうか?

今後、言葉を話せないペットが悲しい事件に巻き込まれないことを祈っています。

スポンサーリンク