【落胆】ネットで買った商品が届かない!詐欺に騙された話

シェアする

5年前に買った時計が壊れてしまいました。

かなり気に入っていたので同じものをネットで探し、やっと見つけたんです。

お金を振り込んで1ヶ月、2ヶ月・・・3ヶ月待ったけど無しのつぶて・・・

まさか騙された?信じられない。

スポンサーリンク

商品が届かない

【出典;Norton Blog

5年前に買ったイタリア製時計ですが、デザインが滅多にないもので壊れてしまった時は同じものをもう一度買うことにしました。

ネットで探しましたが、なかなか見つかりません。

やっと見つけたところは、「激安~ショップ」というところで、売っているものが均一ではありませんでした。

健康食品があったり、家電があったり、ゲームがあったりで何でも屋のようで、そこに私の欲しい時計が載っていました。

不思議と言えば不思議なんですが、時計はその一つしか載ってなくて、しかも格安だったんです。

ただ私はやっとたどり着いたサイトで「たった一つしか残っておらず、しかも格安!!」で感激し舞い上がってしまい、すぐに注文し、銀行振り込みで支払いをしました。

それから、1ヶ月待っても来なかったので、メールで連絡を取りましたら「海外から取り寄せているため、時間がかかっている。」との返事がメールできました。

しかし、3ヶ月待ちましたが、なしのつぶてで再度連絡をしようとしたところサイト無くなり、メールアドレス使えなくなってしまっていました。

スポンサーリンク

サイトの電話番号がなかった

【出典;SUTEKI NI PLUS

サイトでしたが電話番号の記入がなかったのです。

電話をかけようとしたのですが電話番号がなく、仕方なくメールで連絡をしたのです。

そして、住所も見たところ「東京都上野」になっていました。

ネットで商取引をするには特定商取引法と言う法律が有り、サイトには「サイトの責任者名」「所在地」「電話番号」「会社名」を記入しなくてはなりません。

それが今回、住所はいい加減で、そして電話番号が抜けていました。

メールアドレスが、無料のアドレスだった

【出典;全国銀行協会

yahooやホットメール、ライブドアのメールだったら私も気がついたかもしれません。

それが外国メールアドレスとなると私も無知だったわけで・・・

@163.comや@126.net、@qq.com、@foxmail.comは中国での無料メールです。

無料メールだと問題があって停められたとしても、いくつでも制限なく作れてしまいますので注意が必要です。

振込先と会社の責任者の名前が違いました

会社の責任者の名前は「佐藤○朗」、会社名は「激安○○ショップ」だったのに対し、銀行の振込先が会社名でもなく責任者の名前でもない、お隣の大陸の人の名前のようでした。

楽天的に海外から取り寄せるんだから仕方ないと自分にいいように考えてしまいましたが、そこでおかしいと疑うべきでした。

騙されないようにするには

【出典;JACCS

まず特定商取引法に書かれているもの全て「責任社名」「住所」「電話番号」「会社名」の確認は大切です。

一つでも抜けていたら要注意ですし、私が騙されたように外国人にも知れわたっているような住所「京都」「大阪」「上野」だけ書いてあるようだったら信じてはダメです。

そしてやり取りをするメールアドレスですが、無料のメールアドレスでしたら疑ったほうがいいかもしれません。無料で使えるものはいつ廃止になるかもわからず、お金のやり取りを頻繁にしている会社なら信用のおける有料のメールアドレスを持っているはずです。

そして、お金を支払う際にはサイトの責任者【または会社】と銀行の振込先一致しているか確認をすること。

そして口コミ評価を見るのも一つの手です。

値段ですが、他のサイトで売り切れになっているのに、そのサイトでは物があってしかも値段が破格なんてありえないです。(そんなに売れるなら、値段を下げなくても売れるでしょう)

一番安心なのが名前の通った会社で少しくらい高くても購入することではないでしょうか。

少しでも買い物の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク