【体験談あり】新千歳空港で保安検査のやりなおし!どんな流れをするのか?通報者は?補償はいくら?

シェアする

11日の夜、新千歳空港の保安検査後、待合室に刃物を持った人がいるとの情報に、もう一度保安検査をやり直すと言う騒ぎがあった。
空港が一時パニックと陥った。
その際、乗る飛行機が遅れ、乗継が出来なかった場合ホテル代は出るの?補償金は?
スポンサーリンク

騒動の発端は?

 
11日夜、新千歳空港で保安検査を通過後のエリアに、刃物のようなものを持った人がいるとの情報があり、出発便の保安検査をやり直すなどの影響が出た。

11日午後9時ごろ、新千歳空港の従業員から警察に、保安検査を通過後のエリアに刃物のようなものを持った人がいると通報があった。

通報を受け、新千歳空港では、東京行きの全日空とエア・ドゥ、あわせて4便を対象に、搭乗予定の乗客全員を保安検査場の外に出し、再度、手荷物検査を行うなどした。

検査の結果、刃物などは見つからなかったとして、午後10時20分に機内への搭乗を再開したが、対象となった便に遅れが出るなど、およそ780人に影響が出た。【引用元:FNN】
日曜日ということで観光客が帰宅することですごいことになってしまったと思います。
中にはこの便が遅れたばかりに乗り継ぎも出来なかった人もいたのではないでしょうか?
その場合、飛行機会社はどれくらい補償してくれるのか?気になります。
 

通報者は誰か?お咎めはあるのか?

通報者は空港で働く従業員だったとか・・・

はっきりと刃物とはいっておらず『刃物のようなものを持った人がいる』と言っていました。

そして最終的には見つからなかったそうですが、これに対しネットでは「威力妨害だ!」との声が出ていますが、まず何もお咎めはないと思います。

それどころか、気がついたらまた教えてくださいと言われたのではないでしょうか?

ハイジャック事件は航空会社にとってかなりの痛手ですから、どこの航空会社も事前に防ぎたいところですから・・・

スポンサーリンク

補償問題について、体験談から話す

中には乗り継ぎ便がなくなってしまった。ホテルに泊まらないといけなくなった方もいると思いますが、補償について微妙です。

私も以前同じような事件で石垣島で足止めをくらいました。

石垣島空港で時間どおりに飛行機が出ると言われ待っていましたが、それから2時間も待たされました。

その間、何も案内がなく職員に聞きに行ったところ、「那覇空港で刃物騒ぎがあった。保安検査後にはさみを持った人がいて、その人がたまたまはさみを保安検査後に落とした。

それを、落とし主に空港職員がそのまま渡していた。

それを見た人が『保安検査後になんではさみがあるのか?それを本来取り上げるべき職員がそのまま渡してしまっておかしいんじゃないの?』と訴え、現在那覇空港では保安検査をもう一度ゲートから戻ってもらい再度受けさせている。

飛行機の中にいた人も保安検査を受けさせ、到着した飛行機は誰もおろさず飛行機で待機、そして到着しそうな飛行機は上空待機、那覇に向かう飛行機は、出発を遅らせている。」とカウンターにいた人は言いました。

私はその日4時過ぎに那覇から新潟に行く便があり、その時間で既に4時になっていました。

しかし、石垣から飛び立つ便は那覇からまだ到着すらしておらずいくら新潟に引き返す便は那覇空港に到着して折らず、上空待機になっているといっても、いつ解除になるか、乗れるかどうかもわかりません。

そこで、カウンターの方と解除になった時はどうなるのか話し合いをしました。

そのときの答えが『解除になって乗れた時、便に間に合えば乗って帰れるが乗れなかったときには次の日に振り替え。乗れなかったときのホテル代はお客様持ちです』

との答えが・・・

『ホテル代って、どうして航空会社が持ってくれないのですか?私たちには非はないはずですが』と言うと

『航空会社にも非はありません。全ては持ち込んだお客様に非があります。機材トラブルでもありませんので、飛行機の振り替えしか致しません』と言われてしまいました。

結局ホテルを自分でとってホテル代は自分持ち、次の日の飛行機で帰りました。

ということで、昨日の騒ぎも先ず補償はないといっても間違いないでしょう。

まとめ

空港もますますテロ対策として保安検査が厳しくなってきています。

当初、新千歳空港ときいて『中国人の暴動は大丈夫か』と心配してしまいました。暴動はなかったみたいで良かったです。

訓練が功を奏したのでしょうか?

今後2度とこのようなことがないように保安検査が更に厳しくなってくるのではないでしょうか?

飛行機は間に合うのかと心配する前に規則は規則と守って保安検査を受けてもらいたいですね。

スポンサーリンク