【炎上】女性遭難者が救出に来た警官をブチれ!『何様のつもり?』

シェアする

 ある女性ブロガーが綴ったブログが昨日炎上している。

彼女は8月28日に三重県内の御在所岳で下山途中に遭難し救助を要請。

その際駆けつけた警官の態度が気に入らなかったようで、警官に対し、逆切れ

果たして警察の態度は本当に正しくなかったのか

スポンサーリンク

助け出された女性のブログ

『批判されるのを覚悟で書こうと思っています。』

最初のブログはこの出だして始まっている。

彼女は、地図も持たず、そして登山届けも提出せずに標高1200mの山を一人で登ったそうだ。

登山届けを出さなかった理由は「下山ルートも決めていなかったので」と言うことであるが、地図もないのに下山ルートがわかるわけないと思うが・・・かなり無謀である。

そして登りは無事終了。

そして初心者コースの下りを降りてきたのだが途中で迷子になってしまった。

これはだめだ、これ以上進んだら死ぬ』と感じたそうで、持っていた携帯で警察に救助の依頼をしたそうである。

その後、たまたまそこを通りかかったロープウェイの職員に救助を求め、安全な場所に移動し警官の到着を待った。

やってきた警官は『一人で行動するからこんなことになるんだ』と説教をしたと言う。

その際彼女は『何様のつもり?』と思ったそうだ。

そして警察に行って事情聴取をされることになった。

女性は予約していた旅館の夕食の時間に間に合わなくなるからと警官に手短にと頼んだところ、

警察はサービス業じゃないんだ』と言われたそう。サービス業?

これに対し女性は腹が立ち『私だって悪気があって遭難したわけでもないし、気軽に救助を要請したわけではない』と言い返し喧嘩になったそうだ。

しかし、遭難救助を呼ぶと言うことがどれだけの責任があるかをこの人は自覚していないような気がするが・・・

警官もできたらこんな人助けに行きたくなかったはずでしょう

この人の言っている言い方によっては夕食の時間に間に合いたかったから道を探すよりも警察を呼んで早く帰りたかったに聞こえてしまうのは私だけでしょうか?

ロープウェイの職員に対しては『なんて素晴らしい人なんでしょう!本当に有難うございました』と絶賛。

そして警官に対しては『あー、ホント、もう警官なんて大嫌いで文を締めている。

スポンサーリンク

世間の声

これに対し世間の声は

「普段自分がどれだけ沢山のものに守られて快適な生活しているかの自覚全く無いんだなぁ」

「助けてもらっといてお前が何様だよホント」

「ここまで堂々とこんな恥ずかしい事をブログに書ける事に心底呆れる」


「悪気があって遭難したり気軽な気持ちで救助を要請したりなんてしないのは当たり前だろ
普通遭難者には優しくしませんか?ってなんだ
勝手にひとりで死にに行ったようなバカをわざわざ命懸けで助けに行く身にもなれや」

と、彼女を批判する声もあれば

「警察官の対応も事実なら相当問題ある」


「俺はよくかいたと思うな」


「山岳地域の管轄署って苦労も多いんでしょうけど、それにしても傷に塩を塗るような対応は何様だ」

と彼女を庇護し、警官を批判する声もある。

まとめ

救助に向かう警察も命がけで救助に向かったのに「夕食の予約の時間が迫っているので手短に」と言われた時の警察官の気持ちはどうだったのだろう。

「ふざけるな!」と言いたかったのでは?

あー、ホント、もう警官なんて大嫌い』とブログにかかれていましたが、それを見た警察官もきっと今頃言ってますでしょう。

『おまわりさんも、あなたのことが大嫌いです』

今後登山をされる方には夕食の予約をせずに・・・ではなく、登山の準備をしっかり、地図をもって、登山届けを出して山に登って貰いたいものである。

スポンサーリンク