世田谷区の公園のトイレでガス爆発! 事件現場は? 中にいた男性は顔にやけど

シェアする

31日午前7時40分ごろ世田谷区の公園のトイレ爆発騒ぎがありました。

中にいた男性は顔に火傷を負いましたが、トイレのは壊れてしまった模様。

スポンサーリンク

事件概要

31日午前8時前、東京・世田谷区の公園のトイレで爆発があり、男性がけがをしました。

 警視庁によりますと、午前7時40分ごろ、世田谷区上馬の上馬北公園にある公衆トイレで、「ドーン」という大きな音がしたと近くにいた女性から110番通報がありました。警察官や消防隊が駆け付けたところ、すでに火は消えていましたが、トイレの扉が壊れるなどしていました。中にいた30代の男性が顔をやけどするなどのけがをしましたが、命に別状はないということです。現場にはカセットボンベが残されていて、警視庁は男性がトイレの個室内でガスを充満させてライターで火を付けたとみて、事情を詳しく聴いています。

【引用元;テレ朝ニュース】

てっきり、トイレに充満していたメタンガスがたばこに火で爆発した事件だと思っていました。

そうではなく、男性がカセットボンベのガスでトイレ内にガスを充満させて火をつけたのではないかということですね。

不幸中の幸いだったのが、他に犠牲者がいなかったこと。

公園という土地柄、子供とか高齢者も集まってくるのに・・・一つ間違えば大きな事故になっていたと思うとぞっとします。

【出典;テレ朝NEWS

【出典;テレ朝NEWS

スポンサーリンク

事件現場

【出典;yahoo地図

【出典;住建ハウジング

【出典;PUBPA

子供がたくさん遊んでいる画像も多く、爆発事件が起きるような場所には思えません。

まとめ

男性が顔に火傷を負っただけですんだのことは本当に奇跡としか言いようがありません。

もしかして、が吹き飛んでいって近くのに当たっていたかもしれません。

女性用トイレを使用している人がいたのなら同じように火傷を負ったかもしれません。

もし自殺をしようとしていたのなら、自殺もダメですが、他人には迷惑をかけてもらいたくないです。

トイレと言う公共の場で、もしこの男性がガスボンベを用いて火をつけたというのなら重罪になってもおかしくないと思う事件だと思いました。

スポンサーリンク