【取手市・いじめ自殺】元担任の顔画像は?いじめに加担?保護者会を欠席した理由とは?元担任、保護者会に欠席!炎上!!!

シェアする

茨城県取手市で起きた女子中学生がいじめを訴え自殺した事件で、昨晩、取手市教育委員会が行った保護者会にいじめに加担したと言われる元担任が欠席をしました。

「おかしい!」『なぜ、元担任が参加しないのか」

これに対し、父兄からは抗議の声があがりました。

どうして、元担任は参加しなかったのか?核心に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

事の顛末

茨城・取手市で、2015年に中学3年の女子生徒がいじめを訴えて自殺した問題で、取手市の教育委員会が24日夜、両親や同級生などに経緯を説明する保護者会を開いたが、当時の担任が欠席したため、抗議の声が上がった。

取手市の当時中学3年生だった中島 菜保子さん(当時15)は、いじめを訴えて2015年11月に自殺した。

当初「いじめはなかった」との結論を出した市の教育委員会は24日夜、経緯を説明するため、中島さんの両親や、当時の同級生などを対象に保護者会を開いたが、当時の担任教師が欠席したため、参加者からは「おかしい」などと抗議の声が上がり、開始が遅れるなど紛糾した。

自殺した中島 菜保子さんの父・考宣さんは「当初の対応から、何も変わってないことが、あらためてわかった。担任の口から、じかにまともな説明を受けたということが全くないので、逃げているとしか思えない」と話した。

また、母親の淳子さんは、「聞きたい答えではない」と話し、今回の対応に無念さをにじませた。【引用元:FNN】

本当に腹立たしいいじめの事件でした。

本来だったら生徒を守る立場の教師がいじめに加担していたと言われる事件です。

事の真相を知りたくて開いた保護者会を欠席したということ。

これでは真相がわかりません。

取手市教育委員会は何を考えているのでしょうか?

いじめに加担したといわれる元担任のプロフィール

名前 T(現在特定できておりませんので公表できませんが、『取手 いじめ 担任』と検索しますと出てきます)

年齢 不詳

職業 現在、取手市内の中学校の英語教師をしているそうです。

住所 不明

不思議なことは、いじめに加担したとされる教師が今現在も教員を続けていることではないでしょうか?

どのような気持ちで現在生徒と接しているのでしょうか?

学校に通わせている生徒のご両親の気持ちはどうなのでしょうか?

生徒の「えこひいき」とかも健在でしょうか?

元担任の顔画像は?

元担任の顔画像ですがニュースサイトでは特定できませんでした。

しかし、ネットではすでに加害者と言われる生徒とともに出回っています。

検索される方はここから

『いじめによる顔画像の拡散で加害者が更生するための道が妨げられる』と訴えた藤田ニコルの画像が多すぎますが・・・

スポンサーリンク

どのようにいじめに加担したといわれているの?

当時の生徒が証言しています。

「担任のT先生は、生徒によってえこひいきがすごかった。授業に同じように遅れてもA子さんたちは怒られなかった」【引用元:産経ニュース】

授業に遅れてきた加害者と被害者の菜保子さん、担任は菜保子さんだけを前に呼び出し、他の生徒の面前で叱咤を5,6回繰り返していました。

本来菜保子さんは遅刻する人間ではないと同級生は証言しています。

加害者の一人が好意を持っている男子生徒の横の席に菜保子さんを隣の席に4回もしました。

他の生徒の席は変わっているのですが、この二人の席は不動となり、加害者のいじめはこれに対し更にエスカレートしたと言われています。

東京の音楽の名門校を希望している菜保子さんは、ピアノのレッスンを幼い頃から続けており、部活も居残り授業も受けずに帰宅していました。

これに対し担当のTは、「ピアノばっかりやっていてもしかたない』と叱ったそうです。

これは現在の教育方針からかけ離れていますね。

子供の得意な能力を伸ばしてあげようとするものから・・・菜保子さんの将来はTが決めるものではないのに・・・

一日の授業が終わり、帰りの会の前に加害者の生徒と菜保子さんは音楽室にいました。

そこで先に菜穂子さんが音楽室を出て階段を下りたところ、音楽室でガラスが割れる音が聞こえました。

そこで引き返したところ加害者がガラスを割っており、やって来た非常勤講師、担任のT、そして教頭にまで一緒に叱られました。

事情もはっきり調べないで一方的にしかりつける行為がどれだけ心に傷をつけるか知らないのでしょうか?

もしこのことが本当だったら、この担任のTは教師を続けていいのか?疑問ではないでしょうか。

なぜ元担任は欠席したのか?

なぜ核心を知っていて加担したと言われる元担任は保護者会に欠席したのでしょうか?

「体調不調」という理由だそうですが、先生というのはどうして、このような会見の時にいつも体調不調になるのでしょうね。

本当のところはよくわかりませんが、もしこの保護者会に元担任が出てきたらどうなるでしょうか?

保護者はいっせいに元担任を責めるでしょう。

元担任は『いじめの事実はない』と答えたところでどうなるでしょうか・・・

それともいじめを認めて謝罪したらどうなるでしょうか?・・・当初いじめを認めていなかった取手教育委員会の面目が丸つぶれ・・・となるかもしれません。

もしかしたら、元担任は『出席したくない』といい、教育委員会も『出席しなくてよい』と話し合いがあったかもしれません。

もし本当に体調不調と言うことなら『日を改めて・・・』と言う話しもあったと思うのですが、そのような話も出ていないみたいですね。

スポンサーリンク

サイトの声

わが子がいじめられてないか心配する親は多いが、誰かをいじめてないか心配する親は少ない。いじめられてる子よりいじめてるヤツの方がずっと多いのにね。

担任にとっては「糾弾集会」になるかもしれないから出たくない…体調が…という気持ちは理解できなくもないが、自殺の直後でなく2年も経過しているので、やはり責任として出席するべきだったね。
出席して誠実に回答することが大事なのに、それをしなかったからには自殺幇助で訴えてやればいい。
しかし自殺の責任を担任が負わされることになると、ただでさえ過重労働と言われている教師のなり手が減ってしまうから、市・校長・教頭・担任の4者に分割した方がいいかな?
一方で担任には手に負えないイジメが発覚した場合は、モンペに負けずに市・教育委員会が介入して止めるよう対策しないといけないね。
加害者/被害者のLINEやメールも開示請求して、学校では目につかない所で行われているイジメについても、「絶対に許さない!」という姿勢を見せないと、イジメ嫌がらせは多分人間の本質的な所から来るものなので、意識させなければ無くならない。【引用元:yahoo】

私からすると、教育実習に言った際に先生同士でもいじめがあり『あの先生とはななしてダメ』なんて担任の先生に言われたこともあります。

そしてえこひいきなんて普通にありました。

やはりPTAの会長の娘には何もいえなくて言うなりになっている場面を見ました。

何も知らないのは親だけ・・・生徒はみんな知っています。

先生だってもとはいじめっ子だった人がなっている場合も多い。

自分はいじめっ子だったから先生になっていじめられている子を守りたいなんていっている先生もいないのではないでしょうか?

今回の担任のTですが、このままネットの拡散が続けば、もしかしてうつ病になったと訴えて学校を傷病手当てを貰いながら休み続けるのではないでしょうか・・・・それも納得できませんね。

被害者の冥福をお祈りします。

スポンサーリンク