東北大の留学生の男が麻薬を輸入しようとしたとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、この男からコカインを無償で譲り受けたとして、宮城県警銃器薬物対策課などは29日、同容疑で、いずれも東北大の留学生、ボスニア・ヘルツェゴビナ国籍のカメリッチ・ミルゼット容疑者(26)=仙台市青葉区=ら男女計6人を逮捕したと発表した。6人は容疑を認めているという。

 6人の逮捕容疑は昨年11〜12月、同市青葉区にある同大の寮の部屋や同区内のナイトクラブなどで、同大留学生で、海外の知人からヘロインなどの麻薬を密輸しようとしたとして、昨年12月、同容疑で逮捕、起訴されたオーストラリア国籍のクロトフィル・カラム・ニコラス被告(20)からコカインを譲り受けたとしている。

 同課によると逮捕したのはミルゼット容疑者のほか、ニュージーランド、スイス、フィリピン、オーストラリア、スウェーデン国籍の留学生。6人のうち、3人は起訴猶予とされ、釈放されているという。同課などは今後も詳しく捜査を進める。

 同大は29日、ホームページに「警察の捜査結果を踏まえ事実の解明に努めるとともに、留学生の受け入れにあたっての審査体制の強化と留学生への禁止薬物に関する教育に徹底して取り組む」とのコメントを掲載した。

【引用元;産経ニュース】