1年で離職率90%、日本一きつい仕事って?wwwツアコンだった

シェアする

こんにちは!日本のビックリニュース担当のジェームスです。

この頃、日本人の奥さんの顔色よくないです。

奥さん、みんなの憧れの仕事なのに・・・どうして?

私が辞めさせたい奥さんの仕事とは、ツアーコンダクター

なんと離職率90%だそう!

ツアーコンダクターの仕事とは?

スポンサーリンク

憧れの職業に選ばれている仕事では必ずといっていいくらい名前が出ています。

でもなんと一年で離職率が90%と言う。

ツアーコンダクター、俗にいうツアコン

お客様が旅行に行く時に同行して、チケットの手配や宿のチェックイン、旅行の時のお困りごとの相談役などするお仕事です。

海外、国内などバスガイドさんとは別でを持ってお客様を誘導しているのを観光地で見かけます。

色んな所にいけて美味しいもの食べてうらやましいお仕事だと思いませんか?

しかし見た目と違い仕事を辞める人が多いという。

10人入っても一年後には1人しか残っていない!?その理由は?

スポンサーリンク

離職率の高い理由

【出典;日刊SPA!

給料が安い

ツアコンの仕事って職業辞典を見ると一日2万から3万円と書いてあります。

確かにこれだけ貰っている人もいますが、ほんのごく一部。ほとんどが経験年数、顧客評価、勤務地、海外と国内、団体かご一行か?そして働くエージェントにより金額が決まると言います。

一応勤務時間は朝8時から夜8時までと言うことですが、夜中にお客様から呼び出されることは日常茶飯で、翌日の資料を作っていたりで殆ど寝ていません

ほとんどの添乗員が派遣会社所属の契約社員で、時給や日給制がで働いた分だけ貰いボーナスはないです。

社会保障がない

添乗員の仕事は仕事があってなんぼのもので、仕事がないときは収入もゼロ

特に冬場は寒いヨーロッパの旅行は少なくなり、人の動きも減るのかツアー自体減ります。

またテロリストが暴れればすぐに仕事が減ります。

そこで冬場はアルバイトをしないと生活できないのでリゾート地で働いたり、日雇いしたりとなんとか食いつないでいます。

勿論、仕事にムラがあるので社会保険に加入できないケースもあり、高い国民保険年金をかけざるをえません。

旅行気分ではない

【出典;しらべえ

「美味しいもの食べて・・・観光できてうらやましいなー」と言う人が多いそうですが、実際は食事に関しては同じものを食べることもありますが、施設によってはうどんだけ、カレーだけ、ホテルの部屋に冷えたからあげ弁当が夕食で置いてあったと言う話も聞きます。

お宿のお部屋は?というと、倉庫にベットがポツンとあったり、自殺があった部屋、いわくつきの部屋、お客様を泊められない部屋に添乗員やバスの運転手を泊めます。

さすがにお化け部屋に当たったときには、ロビーで寝る添乗員もいます。

問題あるお客様の対応にノイローゼ、そして離職

【出典;googirl

添乗員の離職理由のひとつに精神的病んでノイローゼになることが多いとか。

この頃は、わがままを言えばわがままが通るのではないかと思っているお客様も増えたそうです。

「バスの座席をにしてくれと言うお客様が10人。前になれなかったお客様は帰る怒鳴ったり、金返せという」

「相部屋希望でしたが行って見たら部屋が小さかった。前もって知っていたら申し込まなかった。旅行が台無しになった!どうしてくれるの!!」

「一泊二日で1万円のツアー。昼ごはんが弁当だったし、夕食が豪華じゃなかった。添乗員!何とかしろ!」

「添乗員の案内がガイドさんと比べて少ない」【バスの案内はガイドさんのお仕事で添乗員は基本時間管理が仕事です】

夜中になると徘徊してホテルに帰れなくなってしまう高齢者、お話に夢中で集合時間を聞き漏らし集合時間になっても帰ってこないお客様。

お客様に明らかにがあっても先ず素直に認めるパターンは少ないそうで、たいていは逆切れされたり会社に言うぞー!と脅しをかけたりでで苦労が絶えないそうです。

離職率が高いからと言って絶滅危惧種ではない

離職率があまりに高く、このままではこの職業の人間はいなくなるのではないかと思いますがそんなことはありません。

その理由は『憧れの職業』ということ。

確かにやめる人は多いのですが、やりたいという人も多いのです。

ですのでやめたとしてもすぐに供給できてしまう。

だからいつまでたっても仕事が改善されると言うこともなく、給料も上がることもなく、我が侭なモンスターのお客様が増えても職場改善が図られないと言うわけです。

しかし、このまま行きますといつかはどこかで爆発が起きるのではないでしょうか?

スポンサーリンク