食べるな!危険!身近に潜むメイドインチャイナ(漬物編)

シェアする

中国の食品は食べていない」と自慢げにインタビューに答えていた人がいましたが、それってホント?あなたが知らないだけ口にしているかもしれませんよ。

スポンサーリンク

その土地の名物の漬物だと思って買ってみたら・・・

観光地に行くと沢山のお土産が所狭しと売られています。

その中でも人気のひとつがお漬物

『頑固おやじの○○漬け』『おばあちゃんのろばた漬け』『○○(場所の名前)のお漬物』なんていかにも日本でこだわって漬けました!と言うような名前がついていますが・・・・

試しに一つを手に取りひっくり返してみてみました。

野菜の原産地は中国でした。

野沢菜漬けでさえ、日本産とは限りません。中国でも野沢菜の生産はされているらしく、原産地が中国のものもありました。

ここに売っている商品は『中国の頑固親父が漬けた漬物』に、『中国のおばあちゃんのろばた(中国にろばたはあるのでしょうか?)漬け』に『売っている場所は○○だけど中国のお漬物』と言うことになります。

「知らないうちに買っていました」と言う方も多いのではないでしょうか?

中国産の野菜のどこがいけないのか?

ニュースで散々取り上げられているのが農薬問題です。

確かに農薬が日本の野菜と比べ基準値をはるかに超している場合があります。

中国人は農薬のことを知っていて中国の野菜を食べない」なんて噂が流れたことがありましたが、それはまずありえません。

私が実際中国で駐在員をしていた時、肉は高いからと野菜ばかり社員食堂で出ました。

スーパーに行くと『農薬が落ちる洗剤』と言うものが売っていてそれに一晩つけると農薬が落ちると中国人は言いい、中国では野菜を洗剤で洗うと言うということが普通に行われていました。

私がいた会社では農産物を日本に輸出するために野菜を育てていましたが、無農薬で育ててと農家に頼んでも、毎回農薬をやってしまう。

どうして農薬をかけるんだと聞くと農薬をかけないと育たないからと言い出すんです。

話を聞いていくと驚愕の事実を知りました。

農家は実際どれだけ農薬まいていいのかわからない人が多かったのです。

農薬の知識のない人があまりにも多い。

素手で農薬をまいて手がボロ雑巾のようになっている人がいたり、畑を歩いていると、紙袋がどことなく飛んでくる。

何だと拾ってみると農薬の袋だったりするわけです。

子供が拾ったら大変なのに・・・

そんな人たちが育てた野菜、安心して食べれますか?

スポンサーリンク

日本の検査が守ってくれる!?

毎日のようにコンテナ一杯の野菜が何百と届く港。

検査の人間が一つ一つチェックできるでしょうか?

何百人と検査官がいればできるでしょうけど実際は10人もいないでしょう?

検査する人も一部を抜き取り検査にかけるのが限界。

しかも日本になくて中国にあるような農薬全てをどうやってチェックすることができるでしょうか?

どのように身を守るべきか?

中国産はとらない・・・・言うことは簡単ですが、そんなことまず無理でしょう。

お弁当屋で購入した弁当に入っているたくあん、旅館の食事にでた赤や緑色の漬物、これらは原産国、そして加工地などの表示義務はありません。

しかも日本で加工したといっても日本の漬物工場では、毎日のように塩蔵された野菜が中国からやってきて、これらをコンテナから取り出し、流水で半日かけて塩分を抜く。

船で運ぶにしろ、冷蔵庫で運ぶにはお金がかかるから常温で運ぶ。

暑い船内では野菜も変色する。

その後食用色素で、青と黄色を混ぜて鮮やかな緑を作り出し、濃い調味料で味をつける。

だいたい大まかな手順であるが、書いているだけで食欲を無くしてしまいます。

だったらいっそ食べないほうがいいのではないか?

それとも出所を知っている漬物を買うべきであろう。

食べるな!危険・・・・まさにその通りである。

スポンサーリンク