山口達也、契約解除でTOKIO解散か?城島は芸能界引退?7日に国分が生放送で語った内容がヤバすぎるwww

シェアする

TOKIOの国分太一が7日の番組の生放送で強制わいせつ容疑で書類送検された山口達也が契約解除をした件に対しコメントをしました。

その内容が、解散をにおわせるとネットで話題になっています。

スポンサーリンク

国分の語った内容

【出典;女性自身

 TOKIOの国分太一(43)が7日、MCを務めるTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)の生放送で、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され起訴猶予処分となった山口達也(46)が前日6日にTOKIOと契約を解除したと発表されたことを受けてコメントした。 

 国分は契約解除が決まった6日、山口からの電話でジャニー社長に直接電話で辞意を伝えたと報告を受けたという。その電話の中で、「これだけ世の中を騒がせてしまっている、それに対して被害者の方たちがどう思っているか、本当に申し訳ない。そっとしておいて差し上げること、それがどういうことか、その1つの決断としても辞意を考えたと言っていた」と山口が騒動の被害者への影響を危惧したことも、退社の理由であると代弁。【引用元:スポニチ】

山口としてもこのまま芸能界に残り続けることは、被害者への中傷が続くと思ったのでしょうか?

芸能界の中でも契約解除を望む声も多く出ていました。

ダウンタウンの松本人志は山口の酒癖の悪さは有名で、メンバーの前で一度どれくらい悪いか見てもらったほうがいいとまで言っていました。

こうなると、契約を存続したとしても再び同じ事件を繰り返していたかもしれませんね。

4人でも「TOKIOをどうしようか」と考えたといい、「もちろん、この先も4人で続けてくださいという言葉をいただき、進むということもあるが、被害に遭われた親御さんの言葉の中に、『誰の未来も奪ってほしくない』という言葉がありました。その言葉自身、TOKIO全員が引っ掛かっている。僕たちが解散することはもしかしたら望んでいないのかもしれない、すべてがなくなってしまうことに対して、望んでいないのかもしれない。それだったら、活動しながら償っていくことも大切なのではないかと話しました」と解散を選ばなかった理由を明かした。【引用元:スポニチ】

この部分が引っかかりませんか?

『誰の未来も奪って欲しくない』ということは、山口の未来はどうなのでしょうか?

今回契約解除ということに対し、これは「山口の未来が絶たれた」ともとれる行為ですが・・・

その逆に、この先TOKIOが4人で進んでいったとしても未来はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

噂によると・・・

【出典;ミドルエッジ

TOKIOのなかでもグループが2つに分かれていたという。

リーダーの城島と山口のチーム、そして長瀬、国分、松岡の3人のチーム。

鉄腕DASH!でも顔を出しているのは城島と山口が殆どで、後のメンバーはドラマの撮影などで忙しく出番が少なかった。

今回の事件で1番ショックを受けているのはリーダーの城島だと思います。

このまま行くと長年続いた鉄腕DASHも存続は難しいのではないでしょうか?

城島も芸能界引退か?

城島茂は2016年6月の雑誌『ポポロ』の対談で

「ウチ(TOKIO)のメンバーはだれかひとりでも欠けた瞬間に終わり。そして、そのときは僕は芸能界から足を洗う。それぐらいの覚悟でやってる」

と話していました。

この対談内容からファンの方からは『やめないで!』の声が出ています。

しかしよくよく読むと『それくらいの覚悟」ということです。

つまり、やめるとは申していませんね。

スポンサーリンク

TOKIOの今後の抱負


 ただ、今後の音楽活動については「まだ正直、何も見えていない。今できることは明日に向かって一歩一歩丁寧に、自分たちのできることを進んでいくということしか、今は、考えられない」と今後も“白紙”の状態。国分は今後のTOKIOの活動について「これから先のことは正直、誰も分からない状況です。山口もTOKIOも背負うべきものを背負っていくしかない。自分の犯してしまった罪、そしてTOKIOは山口のいないTOKIO、もう目の前の現実と向き合って、一歩一歩丁寧に進んでいけば、必ず光が見えてくる。それを信じて、自分たちは進んでいくしかない。山口だけでなく、TOKIO4人も被害に遭われた方、そのご家族への思いを忘れず、今後もしっかりと向き合い、歩んでいこうと、というところが今、言えることかなと」。さらに「ファンの皆さんには本当に迷惑をおかけしていますし、白紙としか言えないことに自分たちも悔しい思いでいます。ただ、自分たちも何とか希望を持って、前に向かていきたい。そこもわかってもらいたい」とファンにもメッセージを贈った。【引用元:スポニチ】

この先は全く白紙で現在もまだ4人で続けていくかどうかはまだ決まっていない状態ということではないでしょうか?

この文面からTOKIOは解散したとても、4人は背負うべきものを背負ってそれぞれの道を進んでいくとも取れる内容です。

またTOKIOのメンバーの中でも、解散の道を取る方向に考えている人もいるということはネットのニュースでもお馴染みですが・・・


 最後には「改めてお願いです。被害者の方への誹謗中傷、そして被害者の特定は本当にやめていただきたい。これは本当に強く思います、よろしくお願いいたします」と目を潤ませ、頭を下げた。【引用元:スポニチ】

未だに続く被害者の特定や中傷は、被害者家族からもジャニーズ事務所にもやめてもらえるように託されていることで、先日も松岡メンバーが頭を下げていました。

【出典;ディリー

山口達也わいせつ事件 女子高生(顔画像特定か?)はNHK「Rの法則」に出演か?山口出演「Rの法則」の放送を中止

TOKIO 山口達也 わいせつの内容と女子高生の身元と顔画像は? 強制わいせつ容疑で書類送検

まとめ

現在、TOKIOの状態は大変もろく、なにかあったらいとも簡単に解散という形をトッテイし舞うような感じですね。

ジャニーズ事務所の中にも今までご法度だった「解散」というものが「SMAP」が解散したあと、事務所の中には『解散』『脱退』というものが緩和されつつある状態かもしれません。

TOKIOの場合、本人たちは音楽をやっていて『ベースが抜けたら、TOKIOとしての音楽が成り立たない』と申しておりますが、それ以外のソロの活動が現在忙しいのではないでしょうか?

解散しないで!という声もありますが、この国分のコメントを読んだ限り、解散をしようと思っていたけど、被害者家族の『誰の未来を奪いたくない』という声に踏みとどまったとも取れるないように、もしかしたら・・・の考えを否定できないのではないでしょうか?

スポンサーリンク