東京都世田谷区の80代女性が今月、特殊詐欺の被害に遭い、計1億1千万円余りをだまし取られた。警視庁が26日発表した。都内で今年あった特殊詐欺の被害としては最高額という。

 玉川署によると、女性宅に4月10日、長男をかたる男から「東京駅で会社の大事な書類や小切手の入ったカバンを盗まれてしまった」などと電話があった。男はこの穴埋めに現金を要求。女性は求めに応じて長男の同僚を名乗る男らに11回、自宅付近で会い、計1億1200万円を手渡したという。

 現金のうち約8500万円は自宅に保管されていたもので、残りは複数の口座を解約して工面したという。22日に長男と連絡が取れて詐欺だと気づき、署に被害を届けたという。

【引用元:朝日デジタル】

自宅に約8500万も保管しているとは凄いですね。

盗難に遭ったらとは考えないのでしょうか?

今頃特殊詐欺は、喜んで祝杯をあげているのではないでしょうか?

更に特殊詐欺の犯行が増えるのではないかと心配です。

犯人像は?

【出典;岩手県警

女性は求めに応じて長男の同僚を名乗る男らに11回、自宅付近で会い、計1億1200万円を手渡したという。【引用元:朝日デジタル】

女性は80代、子どもはというと50代から60代ということでしょうか?

しかし同僚だからといって年齢が近いとは限りません。

部下といっても年上の場合もあります。

この頃捕まる受け子(現金を受け取りにくる役)は20代から30代ですね。

そして『同僚を名乗る男ら』ということで男性ばかりで複数の人間の犯行とわかります。

組織的な犯行でしょうね。

犯行の手口とは?

【出典;kooriyamasi

長男をかたる男から「東京駅で会社の大事な書類や小切手の入ったカバンを盗まれてしまった」などと電話があった。男はこの穴埋めに現金を要求。女性は求めに応じて長男の同僚を名乗る男らに11回、自宅付近で会い、計1億1200万円を手渡したという。【引用元:朝日デジタル】

10日にまず電話がかかってきました。

『東京駅で会社の大事な書類や小切手の入ったカバンを盗まれた』とのこと。

この際長男を語る人物が『穴埋めにお金が必要』と現金を要求しました。

1度に高額なお金を渡すことになると怪しまれると思ったのでしょうか?

それとも一度に多額の現金を下ろすことが難しいと判断したのでしょか?

複数回に別けて要求してきており、自宅に取りには行かず、付近で受け渡しをしたそうです。

11回の受け渡し・・・10日から22日にかけての12日間・・・で11回とは1日1回または、1日複数回お金を要求してきたということでしょうか?

もし長男と連絡が取れていなかったら更にお金を渡していたのでしょうか?

ネットの反応は?

自宅に8500万てすごいなぁ こりゃ振り込め詐欺なくならない訳だ

【引用元:yahoo】

こんなに被害が出てしまうと別の特殊詐欺グループも次は自分たちも・・・と活気付いてしまうんじゃないかと心配です。

何で騙されるのかと疑問視する人多いけど、うちの近所に住むおばあちゃんはオレの事を息子の同僚だと勘違いしていて、その度に否定してるのに毎日いつも息子がお世話になってますと言ってくる。
完全に認知症だと思うけど、あのおばあちゃんからだまし取ろうとすればとても簡単な事だと思う。
認知症の人はオレオレ詐欺の注意喚起を何回聞いても忘れてると思うな。

【引用元:yahoo】

周囲の高齢者はみんな口をそろえていっています。『私だけは大丈夫』って

普段連絡取り合っていれば、被害は防げたかもしれないな【引用元:yahoo】

本当にその通りだと思います。1番防ぐ方法はこれしかありません。

まとめ

【出典;Neverまとめ

今年は本当に特殊詐欺の被害が多いと思います。

多分史上最高の被害数ではないでしょうか?

普段から離れて暮らす親子の会話もそれだけないということがいえます。

いつになったらこのような詐欺は亡くなるのでしょうか?

騙されたお年寄りの中には自殺しているひともいるのではないでしょうか?

もっと厳罰にして犯行を減らすように努力して欲しい。

誰も見ていないようなポスターをたくさん貼るよりはこうかあるのではないでしょうか?