【ロリーナ買占め】転売屋(顔画像あり)が中国で販売後コピー出回る?!高島屋人形中国人買占め騒動

シェアする

中国人転売業者の顔画像や動画が既に出回っている、31日に高島屋で販売されたロリーナ人形騒動。

中国の転売サイトでは既に販売され、既に売れているものもありと言う。

しかし、販売後の裏には驚愕の中国人のたくらみが・・・・

スポンサーリンク

事の発端

 京都高島屋で限定販売の高級人形が一人の男性客に買い占められました。転売目的の可能性があるということです。

 31日、京都高島屋で100体限定で高級人形が販売されました。画家の故中原淳一さんのデザインを元にした「ロリーナ」という女の子の人形で価格は1体12万4200円(税込み)。購入は1人2体までという条件付きで、販売開始時には約200人が並んだため、先着の50人に整理券が配られました。

 しかし、いざ販売となったとき、最初に購入した男性客が他の49人分についても支払ったということです。人形は受注生産のため引き渡しは来月末になるということですが、すでに中国の通販サイトにこの人形の販売情報が掲載されていて、男性がほかの購入客と結託して転売目的で人形を買い占めた可能性が指摘されています。

 東京の日本橋店でも来月に販売があり、高島屋は「ご迷惑をおかけしない方法を検討したい」としています。【引用元:mbs】

なんか日本は能天気なこといっていますよね。

今まで中国にわたった日本の高級なものはどうなったのか?

考えてみませんか?

スポンサーリンク

転売業者の顔画像

中国人で日本語を話していなかったと言ううわさが流れています。

転売後のロリーナの行方

【出典;TAOBAO

中国にもこの人形はフアンも多いとのことで既に33体が売れているとのことです。

値段は日本円で16万円とか・・・

しかし、中にはコレクターや転売屋も含まれていると思いますが更に厄介なのが、コピー商品を作る業者です。

今までにもコピーされた商品は?

ブランド品をはじめ、家電、化粧品、おもちゃなど全ての商品がコピーされてきています。

一昔前だったら、塗りが雑だったり、縫製がわるかったりでひと目で模造品とわかるものでした。

【出典;NHK

しかし現在は、ひと目ではわからないくらい模造がすすんでいます。

これをスーパーコピーと言うそうですが、本当にどちらが偽物かもわからないです。

スポンサーリンク

ロリーナの行方

勿論、日本から中国にわたったロリーナも転売業者からコピー業者に渡り、すぐに分解され、コピー商品が造られるでしょう。

そして本物か偽物かわからないくらい精巧なロリーナ人形になり、中国だけでなく世界に出回ることになるでしょう。

現在100体の人形ですが、一年後には100万体くらいに膨れ上がっているのではないでしょうか?

その頃になって日本の業者が騒いでも遅いでしょうね。

まあ、日本で販売して日本の購入者が買ったとしても、いずれ中国にわたり、コピーされてしまうのは明らかでしょう。

まとめ

中国の転売業者が買占めと言うことが問題視されていますが、ネットでは『パスポート』を確認して販売すれば?とか中国人お断りにすればという意見が出ていました。

しかし、それをやるとお国柄暴動がおきてしまいますでしょう?

以前どこかのファッションブランドの店でも店員が襲われていましたよね。

そして『差別してる!』と国単位で抗議も免れませんから・・・

(しかし、未だに中国・武漢の飲食店には犬と日本人はお断りの紙を貼っている所がありますが・・・)

話はそれてしまいましたが、中国にわたってしまえばそれはコピーされると思ったほうが良いです。

そして新幹線のように、これは中国の技術だなんていいだされてしまう。

もしかすると今後日本人がロリーナを手にするのは、made in Chinaのものかもしれませんね。

スポンサーリンク