【京都木屋町】解体業の男の顔画像は?犯行現場とトラブルの内容は?すれ違いざま肩が接触!転倒させ、顔を蹴る

シェアする

肩が触れただけでトラブルになり重傷の怪我を負わす事件が起きました。

京都の木屋町で解体業の男が会社員と肩が接触した際、謝る謝らないなどのトラブルとなり顔を蹴って頚髄損傷を負わす暴行を加えました。

スポンサーリンク

事件の概要は?

京都府警中京署は17日、傷害などの疑いで、京都市西京区大原野東竹の里町2丁目、解体業の男(23)を逮捕した。
 逮捕容疑は、3月25日午前1時10分ごろ、京都市中京区木屋町通蛸薬師下ルで、会社員男性(39)=南区=を蹴って転倒させた上、顔を蹴りつけて頚髄(けいずい)損傷の重傷を負わせるなどした疑い。
 同署によると、男の知人が、男性のグループとすれ違った際、肩が接触してトラブルになった。「顔は蹴っていない」と容疑を一部否認しているという。

解体業の男のプロフィールは?

名前 不詳

年齢 23歳

職業 解体業

住所 京都市西京区大原野東竹の里町2丁目

スポンサーリンク

解体業の男の顔画像は?

現在ニュースサイトを色々見ていますが、まだ公開されていませんね。公開され次第アップいたします。

名前だけでもわかればSNSからひっぱることもできそうなんですが・・・

犯行現場は?

地図がいまいちわかりづらいのですが、32号線と鴨川の間に赤い印が縦に並んでいるところが木屋町です。

そしてここは見ての通りに飲食店が連なり、歩道も狭く人が多いと行き来も大変なくらいの場所です。

時々、人とぶつからないで通り過ぎるのが難しく感じるくらい人通りが多い割りに道の狭い場所です。

スポンサーリンク

犯行の動機【トラブルの内容)は?

解体業の男が知人と歩いていたところ、男性のグループの1人と肩がぶっかった。

そこで『謝れ』『謝らない』でトラブルになったのでしょうか?

しかし、ぶつかった当人ではなく、別の人間が暴行を加えているのに疑問です。

自分は喧嘩が強いんだぞと見せつけたかったのでしょうか?

頚髄損傷とは?

頚髄は、首の部分に存在し、手指や腕を司る神経です。胸髄や腰髄は胸から下の部分を司る神経です。これらの脊髄が損傷されると首から下の筋肉が麻痺したり、感覚を失ったりします。
損傷を受けた脊髄の場所によって障害の状態が違います。
主に、頚髄を損傷された人は、手・足・体に障害がおこり、四肢麻痺と呼ばれます。
頚髄のどこを損傷したかによっても障害の状態が異なります。
上のほう(脳に近い方)に近くなるほど障害は重くなります。
その他に、自律神経障害といって、汗が出ないために体温調整ができず、暑さ・寒さに非常に弱かったり、血流の調節がうまく出来ず貧血(起立性低血圧)を起こしやすかったりします。
排泄機能にも障害が起こり、通常通りに行うことができません。頚髄は、首の部分に存在し、手指や腕を司る神経です。

【引用元:ツインバスケットチーム】

被害者の男性は39歳と言うことで家族もいたことでしょう?

今が働き盛りという年齢で、このまま行くと障害者にもなりかねない体にされてしまいました。

加害者はこれからどのように被害者を補償していくのでしょうか?

損害賠償を被害者はしても、賠償してくれるのでしょか?

スポンサーリンク

ネットの反応

そのような時間にうろついてるのは大体酔っている。嗜む、楽しむお酒にしましょうね。頚椎は大事ですよ。

犯罪者は罪をつぐなって更生してもやられた方は?
前から思ってたけど裁判所に許可得ての報復行為はありにした方が良くね?

頸椎損傷ですか。やった方もやられた方もこれからの人生大変ですね。まあ、自分は他人の事なのでこんな事に巻き込まれないように平々凡々やっていきたいと思います。ちなみに仕事はガテン系ですがね

【引用元:yahoo】

殆どの方が被害者の将来を心配されていました。

肩がぶつかっただけでこんな仕打ちを与えられてしまった被害者は本当に災難でした。

どうしてこの頃、切れやすい大人が増えたんでしょか?

このまま行くとどうなるのでしょうか?

狭くて肩がぶつかるような場所には行かないほうがいいですね。

被害者の回復をお祈りいたします。