野田孝史【顔画像あり】の交際相手のプロフィールと保険金は?『妻とは別れる』と交際相手に言って妻を溺死をさせ殺害

シェアする

妻を溺死させた元夫の野田孝史が逮捕された事件でこの夫は複数の保険会社に妻の死亡保険をかけているのがわかりました。

そして今回、金銭問題に加え、なんと野田容疑者には妊娠した交際相手がいたことも発覚しました。

野田容疑者は現在黙秘をしています。

スポンサーリンク

事件の概要

和歌山県白浜町の海岸で昨年7月、水難事故を装って妻を殺害したとして夫が逮捕された事件で、野田孝史容疑者(29)=大阪市天王寺区=が事件後、妻の志帆さん(当時28)にかけていた数千万円の生命保険金の受け取りに必要な書類を生保会社に請求していたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は事件との関連を調べている。

 県警などによると、2015年11月に結婚。事件の数カ月前、互いを受取人にする複数の生命保険に入った。しかし、孝史容疑者の女性問題などから、2人は事件当時別居し、離婚に向けて協議中だった。

 孝史容疑者は昨年7月、白浜町の海岸で、シュノーケリングをしていた志帆さんを溺れさせて殺害した疑いがもたれている。

 捜査関係者によると、孝史容疑者は昨年12月までに、生保会社に保険金の受け取りに必要な書類を請求していた。だが実際には保険金の請求はしていなかった。

 孝史容疑者は、以前勤めていたペット用品会社に昨年11月に侵入して商品を盗んだとして、窃盗などの疑いで12月に県警に逮捕された。窃盗事件については金に困っていたという趣旨の供述をしていたという。

 また、孝史容疑者は事件前、「思い出作り」のためなどとして、別居中で体調不良だった志帆さんを何度も白浜に誘っていたこともわかった。白浜は、2人で何度も訪れ、シュノーケリングをしていた町だったという。

 県警は21日、孝史容疑者を和歌山地検に送検した。孝史容疑者は取り調べに対し、黙秘しているという。【引用元;朝日新聞DEGITAL】

現在、野田容疑者は志帆さんと離婚の協議の真っ只中だったといいます。

そこで『思い出作りに』とシュノーケルに志帆さんを誘っていました。

その誘いにのってしまったというのは志帆さんが野田容疑者に対する優しさだったかもしれません。

それを野田容疑者は踏みにじってしまいました。

野田容疑者のプロフィール

名前 野田孝史

年齢 29歳

職業 現在は無職?

住所 大阪市天王寺区

スポンサーリンク

野田容疑者の顔画像は?

ニュースサイトでアップされています。

【出典;FNN

一見したところ、悪そうな顔には見えませんが、実はおなかの中が真っ黒だったということでしょうか。

交際相手には『妻とは別れる』と話していた

その後の調べで、野田容疑者は、妊娠したことがわかった交際相手の女性に、事件の直前に「妻とは別れる」と話したうえ、離婚時期として、事件の日の前後を示していたことが新たにわかった。【引用元:FNN】

これはもう計画的殺人といえそうです。

別れる日にちが事件の日の前後なんていうともう既にその日に殺人を犯す予定だったということですね。

他にも周囲の親しい人間には『妻と別れ新しい生活が持ちたい』と話していました。

4月23日追記です。

警察によると、野田容疑者は事件直前、不倫相手に対し、「妻とは別れる」と話した上で、離婚する時期として事件のあった7月を示していたことが判明。相手の女性は、妊娠しており、事件の約1カ月前には、一緒に住宅見学会に行っていたことも分かっている。

【引用元:FNN PRIME】

住宅見学会とはどういうことでしょう?もうこの頃には殺人を犯すという気持ちが固まっていたのでしょうか?

人を殺して得たお金で建てた住居に住むという男の気持ちがわかりませんね。

交際相手のプロフィール

現在の段階でこの女性の詳細については明らかになっていません。

交際相手の女性はなんと妊娠していたそうです。

ということで野田容疑者に対して『いつ、奥さんと別れてくれるの?』と迫っていたのでしょうか。

交際相手は殺害したこの別れると野田容疑者が言った日にちと妻がなくなった日が近いということに何の疑問も持っていなかったのでしょうか?

また結婚している男性と付き合って妊娠してしまったことに対しては罪悪感があったのでは?

野田容疑者としても妊娠した交際相手を安心させるためにもお金が必要だったのかもしれません。

そこで犯行に移ったかもしれませんが、この交際相手の女性は現在殺人を犯した野田容疑者に対して、野田容疑者を今後も支えていくことができるのでしょうか?

4月24日追記です。交際相手はなんと!

別の女性と浮気し、その女性は野田容疑者の子どもを身ごもっており、離婚調停中であることも判明した。【引用元:AERA】

交際相手も離婚調停中という身でありながら妊娠しているということがわかりました。

どちらも不倫していたもの同士だったということですね。

スポンサーリンク

殺害前に複数の保険会社と契約

当初は保険は請求していなかったといわれていましたが現在、保険金が請求していなかった理由がわかってきました。

捜査関係者によると、野田容疑者は事件から5カ月後の昨年12月、志帆さんに掛けた生命保険の保険金受け取りに必要な書類を生保会社に請求していた。 【引用元:毎日新聞】

一応書類は請求していたのですが、受け取れない理由が発生してしまう。

それが以下の通り

野田容疑者は資料請求した直後の同12月、かつての勤務先だった大阪市内のペット用品会社から商品を盗んだとして窃盗容疑で逮捕され、保険金の正式な請求には至らなかった。【引用元:毎日新聞】

生命保険は報道によっては3000万円の請求があったといいますが、人の命をかけたお金で新生活をまかなおうとしていたのでしょうかね?

追記です4月24日

調べると、野田容疑者は志帆さんに少なくとも2件で計5千万円の生命保険を契約していることがわかった。【引用元:AERA】

3000万円だと思っていましたが更にその上の金額の5000万円の掛け金だとわかりました。

野田孝史の顔画像、facebook特定?!妻に送ったLINEと彼女、動機とは?『思い出作り?』水難事故を装って殺害、夫逮捕!

まとめ

保険金殺人は本当に残酷だと思いませんか?

相手の命と引き換えにお金をいただくというもので、そのお金を受け取って容疑者は楽しく過ごせるのでしょうか?

そしてもしこの交際相手と野田容疑者が一緒になっても、お金の切れ目が縁の切れ目ということで、以前はうまく行ったから今回ももしかしたらという気持ちで第二の殺人に手を染めてしまうかもしれません。

保険会社も警察の調査を鵜呑みにせずにしっかりと調査をしていただきたいとおもいました。

そして被害者の無念を晴らしてもらいたいと思いました。

スポンサーリンク