ディーラー車でのあおり運転を繰り返した男、逮捕か?顔画像は?

シェアする

世間を騒がせたあおり運転の動画が流れてから5日たとうとしてますが、やっと犯人逮捕ということになりそうです。

どうして容疑者を捕まえるのに時間がかかったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要は?

【出典;TBS

ディーラーから貸し出された高級外車が“あおり運転”を繰り返したとみられる事件で、車を借りた男が「大阪にいる」「福井にいる」などとディーラーに話して、期限内に車を返さなかったことが関係者への取材で分かりました。警察は40代のこの男の逮捕状を請求しました。

 今月10日、常磐自動車道で男性が“あおり運転”をされた上に、男から何度も殴打される暴行を受けた事件。警察は16日、40代の男に傷害の疑いで逮捕状を請求しました。

 新たに分かった事実があります。それは・・・走行距離2000キロ。“あおり運転”に使われた白い高級車は、横浜市内にあるディーラーから3日間という約束で男に貸し出された試乗車でした。

 関係者によると、ディーラーは再三にわたり返却を呼びかけましたが、男は返却期限を大幅に過ぎた20日後まで、返却に応じなかったといいます。貸し出された際、車の走行距離は2800キロだったのに対し、返却時は4900キロ近く。およそ20日間で2000キロ。青森から鹿児島まで高速で走行した場合の距離に相当します。

 「大阪にいる」(男・先月25日)

 「福井にいる」(男・今月5日)

 ディーラーに、そう説明していたという男。

 試乗車は、先月23日に愛知県と静岡県で、そして今月10日、茨城県で“あおり運転”をしたとみられています。この車にドライブレコーダーは搭載されていませんでしたが、茨城県警は15日、車を押収、詳しく調べています。

 またも繰り返された“あおり運転”。2年前、萩山嘉久さん夫婦は東名高速で“あおり運転”を受け、追い越し車線に無理やり停車させられ、後続車に追突され死亡しました。萩山さんの母は、今回の“あおり運転”に対して、憤りをあらわにします。

 「あの映像を見て、また似たような人が出てきたわと思って、どうしておかしな人がいるんだかね。車は凶器だね」(息子の嘉久さん夫婦を亡くした 萩山文子さん)

 警察は“あおり運転”の摘発を強化していますが、“あおり運転”自体は一向に減っていないと、文子さんは感じています。

 「よっぽど罪を重くしないと。また第3弾(の事件)が出ないとは言い切れない」(息子の嘉久さん夫婦を亡くした 萩山文子さん)

【引用元:TBS】

容疑者の詳細は?

名前 不詳

年齢 40代

住所 静岡または神奈川

まだ逮捕状を取っている段階で詳細がわかっていません。

スポンサーリンク

なぜ逮捕に時間がかかっているのか?

顔もわかっていて、そして車のナンバーもわかっている。

免許証の提出もディラーでされているのにどうしてこんなに時間がかかっているのでしょうか?

ネットでの噂では

・上級国民だから

・殺人事件ではないから、警察が動かない

・警察関係者だから

・移動していてつかめない

など、話が出ていました。

それにしても時間がかかりすぎ!!

スポンサーリンク

ネットの声

”ガラケー女にも同じ処罰を与えるべき”

 

”女も共同正犯で逮捕状を出してもらいたい。
というか両名とも指名手配にしてほしい。
犯罪性向が強く見えるので、どこかで犠牲者が出てからでは遅い。”

 

”顔を公表して欲しい。
そうすれば、SNSで広がり
すぐに逮捕される”   以上引用元:yahoo

 

顔が出れば確かに逮捕は早いと思いますが、人権活動家のかたが許さないのではないでしょうか?

動画が出た時点から、もっと警察が早く動いてくれたら、第2、第3の事件が起こらなかったのに・・・

と無念の声が響いていますが、逮捕状が出れば時間の問題でしょう。

ご購読ありがとうございます。

スポンサーリンク