佐藤一貴の顔画像、ペットショップ、動機・facebookは?『キリンもライオンも見たことがない』ケニア家族旅行装い覚醒剤約30キロを密輸

シェアする

佐藤一貴は妻は子どもを連れ、家族旅行をしているようなそぶりで覚せい剤を密輸していることがわかりました。

子どもは『キリンもライオンも見たことがない』と話しているそうです。

スポンサーリンク

事件の概要は?

【出典;テレ朝

家族旅行を装い覚醒剤およそ30キロを密輸したとして、横浜市のペットショップを経営する夫婦が逮捕されました。旅客機を利用した密輸では過去最大の摘発だということです。

 逮捕されたのは横浜市のペットショップ経営、佐藤一貴容疑者(43)と妻の夏美(34)容疑者です。夫婦は今月5日、ケニアから羽田空港に到着した際、コーヒー用の袋に覚醒剤およそ30キロ、末端価格19億円相当を隠して密輸した疑いが持たれています。

 捜査関係者によりますと、夫婦は夏休みなどを利用して子どもと一緒に2014年から12回、ケニアへの渡航を繰り返していました。ただ、子どもは「キリンもライオンもこれまで見たことがない」と話しているということで、横浜税関などは夫婦が審査の比較的甘い家族旅行を装い密輸を繰り返していたとみています。

 「(Q.海外はどこへ行っていた?)アフリカの方。スマホで(写真を)見せてもらった」(一貴容疑者の知人男性)

 夫の一貴容疑者は逮捕当時、「5年前からやっていた。会社の借金返済にあてていた」などと供述していましたが、現在は、黙秘しているということです。旅客機を利用した密輸では過去最大の摘発で、横浜税関などは密売ルートを調べています。【引用元:TBS】

旅客機による覚せい剤の密輸で摘発されたのは史上最大量という記録を作っていました。

30kgなんて凄いですね。

しかし毎回30kgではなく、徐々に量を増やしていったのでしょう。

佐藤容疑者は妻は関係ないと言っているようですが、30kgのコーヒー袋をもっていたら普通、あれこれ聞きませんか?

この事件を詳しく追ってみたいと思います。

佐藤容疑者と妻夏美容疑者のプロフィール

名前 佐藤一貴(さとうかずき)

年齢 43歳

職業 ペットショップ経営

住所 神奈川県横浜市

名前 佐藤夏美

年齢 34歳

職業 カラーズ株式会社 経営

住所 同上

スポンサーリンク

4月25日追記です。

妻は不起訴処分となりました

佐藤容疑者の顔画像は?

ニュースサイトで公開されていました。

マスクをして顔を隠しています。

【出典;TBS

【出典;TBS

ちなみに夏美容疑者の顔画像は出ていません。

なぜでしょう?

佐藤容疑者は妻は関係ないといっているようです。

テレビドラマを見ているとたいてい指示役になるのは女性だったりしますけど、夏美容疑者は家族旅行を装うために子どもとともに連れて行かれただけ?!でしょうか?

夏美容疑者の顔画像も出ましたらアップします。

佐藤容疑者のfacebookは?

佐藤容疑者と夏美容疑者のfacebookを検索してみました。

住所は横浜で合致するものがありましたが、しかし特定できるものではありませんでした。

気になるという方はこちら。佐藤一貴佐藤夏美

佐藤容疑者の経営するペットショップ

夏美容疑者が運営する株式会社カラーズのCOTTY

神奈川県横浜市中区上野町1-34-1 山手NYマンション1F

【出典;TBS

場所は高級感溢れる山手駅の付近にありました。

HPはこちらです。

【出典;COTTY

【出典;COTTY

ペットショップ経営とニュースサイトに書かれていましたがどちらかというとペットホテルとトリミング専門という感じですね。

スポンサーリンク

どうやって覚せい剤を運んだのか?

【出典;テレ朝

税関の審査が甘くなる家族旅行を装っていました。

当然子どもを連れて行くのですが、観光には行かずに取引にいっていた模様です。

ちなみに子どもは

子どもは「キリンもライオンもこれまで見たことがない」と話しているということ【引用元:TBS】

渡航は2012年から始まり12回の渡航歴がありました。

そしてコーヒー用の袋に入れ旅客機で預託荷物として運んでいました。

飛行機会社によっては預託荷物の重さが30kg、クラスによっては30kgを2個なんて場合もあります。

今回一人が持ち込める荷物1個の重さが最大限30kgを最大限に使用していたのでしょうか?

もし今回これが通ったら、次回からは妻の分30kg増やすつもりだったかもしれません。

水際で止められてよかったです。

覚醒剤の末端価格は?

なんとおよそ18億というから驚き・・・じゃあいったい彼らはいくら稼いでいるのか?

ビジネス借金なんてあっという間に返せてしまうのではないでしょうか?

これだからやめられない!?

犯行の動機

夫の一貴容疑者は逮捕当時、「5年前からやっていた。会社の借金返済にあてていた」などと供述していましたが、現在は、黙秘しているということです。【引用元:TBS】

確かにホームページを見てみると高級感漂う雰囲気のお店というのがわかります。

そして所在地も高級住宅地、お店のホームページもお金をかけている様子。そしてホームページを見ると姉妹店オープンなんて書いてあります。

借金をしているのにもかかわらず、姉妹店をオープンしてしまうんですね。

今回の密輸分で借金を返そうとしたのでしょうか?

スポンサーリンク

行政の隠れ蓑の途上国支援?!

今回気になったのは夏美容疑者の経営する『カラーズ』の業務内容

カラーズ株式会社は、
動物愛護や発展途上国への技術支援、教育支援などの様々な業務を通して、世界に社会貢献をしています。
動物愛護ではペットの高齢化にともない、飼い主さまの負担を少しでも減らす為、只今、「老犬ホーム」を設立を考えております。
ペットホテル運営のノウハウを活かしながら、大切なペットを最後までしっかりとお世話する老犬ホームを運営しています。
動物愛護のほか、発展途上国への技術支援や教育支援、環境保護にも取り組んでいます。【引用元:カラーズHP】

カラーズ株式会社は、
日本だけでなく、支援を必要としている世界各国のサポートをしています。
例えば環境問題。
近い将来、環境問題は日本だけでなく世界中で深刻化していくと推測されています。
カラーズ株式会社は、日本の高い技術を活かして発展途上国の水不足を解消する支援活動や緑化活動を続けています。【引用元:カラーズHP】

「発展途上国への技術支援』ということが書かれています。

そして「発展途上国の水不足を解消する支援活動や緑化活動を続けています」とかかれていますが借金があり覚醒剤を密輸するくらいお金に困っていたのにどうやって支援をしていたのでしょうか?

これでは覚醒剤を買ってあげることによって支援をしていたと思われてしまいますね。

12回の渡航費用も勿論経費として落とされていたのでしょうか。

税金を使って覚醒剤を日本に蔓延させ国を滅ぼそうとしていた。と大げさですが思われてしまわれないでしょうか?

発展途上国とかかれると、やはり国の捕らえ方は甘くなってしまうかもしれません。

もしかしたら発展途上国を支援している会社のいくつかは同じようなことをしているかもしれませんと捉えられてしまうのでは?

容疑者を知っている知人は?

【出典;TBS

 「(Q.海外はどこへ行っていた?)アフリカの方。スマホで(写真を)見せてもらった」(一貴容疑者の知人男性)【引用元:カラーズHP】

知人はそのように話していますが、観光してきたと聞いて本当は何をしていたかというのは知らなかったらしいですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

ペットショップよりこっちが本業だなこの人【引用元:yaho】

そうとらえられてしまっても仕方ありませんね。

ビックリしたのが、過去に数回は成功出来てるということ。
素人考えだと、密輸なんて無理かとおもってるけど、意外といけるんだな。【引用元:yaho】

成功しているからこそ密輸量が増えていったのではないでしょうか?

子供連れだろうが、仕事でもなくそんなに何回も同じ国に行ってたら怪しまれるだろうに、よく今までバレなかったね。【引用元:yaho】

途上国支援という隠れ蓑があったからではないでしょうか?

まとめ

覚醒剤を大量に書くことによって密売人は発展するかもしれませんが、日本にとっては迷惑な話。

どれだけたくさんの廃人をうむことになるやら・・・

他国が覚醒剤に対し、厳罰が行なわれているのに対し日本の法律は甘すぎます。

何年か刑務所に入るだけ。

この覚醒剤が元で殺人が行なわれるということもあるのに・・・

日本の法律もそろそろ改正をするべきではないでしょうか?

この件は森友学園の問題よりも先に取り組んでいただきたいと思いました。